まちかどインフェルノ(https://machikado-inferno.net/)というゲームのプレイログサイトをやっています。

御神楽少女探偵団 #6 幽鬼郎 後編 2

千鶴の安否は未だに掴めず、気分が沈んだままの巴達。そこへ諸星警部が2つの報せを携えてやって来ます。ひとつは千鶴が見つかり、無事に保護されたこと。そして、もう一つは良造が殺害されたことです。

諸星警部とともに逸島邸に向かった巴達は、さきに千鶴に会うべく彼女が寝ている雪子の部屋へ。そこで千鶴からいろいろと話を聞きます。

捜査メモ

  • 千鶴は逸島邸の中で発見された。
  • 千鶴が逸島邸でさらわれてから監禁されていた場所に連れてこられるまでおよそ2時間かかっていることは既に諸星警部に伝えてあり、警察が監禁場所の特定に動いている。
  • 千鶴は監禁場所の中で出会った男の顔に見憶えがある。

次に良造の殺害現場がある一階の廊下に向かいます。

諸星警部によると、良造の死亡推定時刻は今日の午前2時から前後1時間。死因は鈍器の類で後頭部を強打されたことによるものといいます。

遺体の後頭部の近くには流れ出た血が溜まっているのですが、鈍器の類で殴られた割に出血量が少ないことに巴達は気付きます。諸星警部によれば、検死官もやはり同様におかしさを感じているとのこと。

遺体の指には水色の粉が微かに付いていて、巴達はそれが撞球の時に使うチョークの粉であることを思い出します。

以前、巴達が地下の遊戯室で良造に会った時、彼は撞球をやり終えた後の自分の指を一本一本おしぼりで丁寧に拭いていました。そんな几帳面さを見せる良造のことですから、指にチョークの粉を付けたまま遊戯室を後にするとは考えられません。良造の遺体の指にチョークの粉が付いているのであれば、彼は一階の廊下ではなく遊戯室で殺害されたと考える方が筋が通ります。

警察が遊戯室の中を調べた結果、血痕とそれを拭きとった痕跡がいくつか見つかりました。良造は夜中に遊戯室で撞球をしている最中に殺害されたと見ていいでしょう。これなら一階の廊下で良造の頭から流れ出ていた血の量が少ないことにも納得がいきます。

しかし、疑問はまだ残っています。なぜ犯人が良造の遺体を地下の遊戯室から一階の廊下に運ぶ必要があったのかという点です。殺害場所が一階の廊下なら犯人が良造とたまたま顔を合わせたために殺したとの見方もできますが、遊戯室だと犯人はわざわざ地下に降りていくという回りくどい行動をとっていることになりますからね。

疑問は一旦置いておくことにして、他に行けるところを回ります。台所にいるソノに話を聞くと、千鶴を発見したのが彼女であることがわかります。彼女は毎朝屋敷内の掃除をしており、その時に屋敷の玄関前に倒れている千鶴を見つけたそうです。

今までに得た情報を整理することにした巴達は、諸星警部に神田川彦一の捜索の進展状況を尋ねます。諸星警部によると状況は芳しくないとのこと。警察は千鶴が監禁されていた場所が神田川の隠れ家だと踏んでいるのですが、逸島邸からおよそ2時間の圏内を対象にした場合、自動車を使った可能性も含めるとかなりの広範囲になってしまうために特定が難しいのです。

逸島邸にやって来た栗山刑事。彼は神田川の足取りを掴んだという報せを持ってきていましたが、それは神田川が2週間前に死亡していたというものでした。上野公園の屏風坂で行き倒れて死んでいるところを発見されたそうです。2週間前に死んでいたのであれば、神田川は千鶴の誘拐や良造の殺害にかかわっていないことになります。

神田川が行き倒れていた現場の写真。確かに右足に義足をつけています。

康次郎にも神田川の顔が大きく写っている写真を見せて確認を取っておきます。答えは神田川本人に間違いないとのこと。

恐ろしい出来事が立て続けに起こっていることが怖くなり、お暇を貰うことにしたというソノ。ここでは5年前の自動車事故で亡くなった嘉平の妻が、双子の女の子を身籠っていた話を聞きます。嘉平の小屋の仏壇にあった3つの遺影は、彼の奥さんと生まれてくる筈だった双子のものだったというわけですね。

雪子の部屋に行くと、そこには千鶴と話をしていた時人先生と、先生の友達である猫の十兵衛がいました。今までのあらましは千鶴から聞いており、犯人の目星もついているという時人先生。ただ、全ての説明をつけるにはまだ足りない情報があるといいます。

足りない情報といえば、見世物小屋に人魚のミイラを売りに来た男が神田川であるかの確認が取れていません。そこで権六に話を聞きにいきます。

神田川の写真を見せても見憶えがないという権六。ただ、それでも人魚のミイラを売りに来た男は片足が義足だったといいます。左足が木製の義足だったと。

神田川の義足は右足。つまり、人魚のミイラを売りに来た男と神田川は別人だったということです。ここで全ての情報が揃ったことになり、物語が解決編に移行します。

というわけで、次回は幽鬼郎の解決編です。ちなみに解決編は時人先生の独壇場になるのでプレイヤーが介入する余地はありません。次回作だと少しだけなら介入できるんですけどね。

この記事を共有する

関連記事