レトロゲーム(主にSFC)と、パソコンのフリーゲームをプレイします。RPGが好きです。

【フリゲ】地下迷宮RPG -深淵のディストピア-(仮)(シフトアップネット) 職業紹介-Ver.0.9

ブラウザゲームの老舗、シフトアップネットさんが公開されている無料で遊べる3DダンジョンRPG「地下迷宮RPG -深淵のディストピア-(仮)」に最近ハマっています。

ウィザードリィや世界樹の迷宮のような感じですが、今のところそれほど複雑な仕掛けはなく、遊びやすい作りです。

 

現在はPC版のみ。ダウンロード不要でブラウザで遊べます。 

ゲームはこちら↓

http://game.shiftup.net/cocos/dung1/ 

  

半月~1カ月前後おきにダンジョンが追加されていて、Ver.0.9は50層まで。

仕様の追加なども頻繁に行われていて、日々進化を遂げています。

Ver.0.9で敵の強さを5段階で調整できるようになり、自分に合った難易度で遊べるようになりました。

 

一番左(しー)がプレイヤーキャラ、他3人は雇用しているキャラです。

他のプレイヤーやNPCを雇うことができ、自分の別データのキャラを雇うことも可能です。

 

ダンジョンの中はこんな感じです↓

 

マウスクリックだけで操作でき、マッピングも自動なので取っ付きやすいです。

3DダンジョンRPGの経験がない方でも問題なく楽しめると思います。

 

 

さて、この記事では現在実装されている職業の解説をしていきたいと思います。

内容は随時更新するのでご了承ください。

 

 

ゲーム開始時に、5つの下級職(剣士、騎士、魔導士、格闘家、僧侶)から1つを選択します。

少し進めると自由に転職できるようになり、職業ごとのレベルや経験値はそのまま保存されるので、色んな職を楽しみながらプレイできます。

 

レベルが上がってスキルポイントが貯まると様々なスキルを覚えることができます。

習得スキルは簡単に変更可能なのでどんどん色々試していきましょう。

 

 

■下級職の紹介

下級職はゲーム開始時に1つ選択でき、少し進めるとすぐに自由に転職できるようになります。

上級職までの下積みでありつつ、Ver.0.8~0.9で強力なスキルも追加されたので下級職のままプレイを続けるのもやりやすくなったと思います。

 

下級職はレベルアップが早いのが利点です。

必要経験値を上級職と比較すると、

 下級職 21:4895 31:21432 35:37861 36:43614 40:76644 41:88212

 上級職 21:6330 31:27741 35:49025 36:56479 40:99278 41:114268

およそ77%ほどの経験値でレベルアップします。

(上級職の実装直後はもっと差がありましたが、修正が入りました)

高レベルになると1レベルあたりの必要経験値は下級職が5万、上級職が7万で頭打ちになるようです。

 

1つの職業を育てると、雇える仲間のレベルが上がります。

色んな職業をやると、全職業でステータスアップのスキルでキャラが強化されたり、上級職の転職条件を満たせたりします。

 

 

■剣士

戦士と魔法剣士と忍者の転職条件となる下級職です。

下級職の中ではスタンダードな性能で、最初に職を決めかねたらとりあえずこれでいいと思います。

  

 

■騎士

戦士とパラディンの転職条件となる下級職です。

重装備が可能なので装備が買えれば硬くなりますが、素早さが低いです。

 

 

■魔導士

魔法剣士と賢者の転職条件となる下級職です。

各属性の単体攻撃魔法を最初から一通り使えます。

どの属性が有効か分からなくてもオートボタンでOKです。

単体魔法は消費MPが低く、序盤の内は威力もバッチリでいい感じです。

節約して通常攻撃をする場合、与ダメは低いですがMPを少し回復できます(回復量は武器によります)

 

Ver.0.8で無属性魔法が追加され、下位魔法よりも高い火力で戦えるようになりました。

魔法攻撃は敵が硬くても一定のダメージが通ることと、魔導士はデバフや状態異常も充実しているので、特に高難易度でのプレイにおいて真価を発揮します。

 

 

■格闘家

モンクと忍者の転職条件となる下級職です。

素早さが高く、なんと忍者よりも速いです。

デフォルトでは前衛ですが、後衛に変更しても攻撃力などは落ちないので、防御力が低い格闘家は後衛が良いです。

 

 

■僧侶

モンクとパラディンと賢者の転職条件となる下級職です。

攻撃力は低いですが回復魔法が使えます。攻略の際は回復魔法は欲しいところです。

ドレンというHP吸収スキルを覚えれば攻撃魔法のように使うことも可能です。

(Ver.0.7で確認した時点ではオートだとドレンを使ってくれる場面は限られるようだったので要注意)

 

 

下級職の紹介は以上です。

Ver.0.6時点のスクショを貼っていましたが、現在のステータスと異なるので削除しました。

 

 

■上級職の紹介

特定の組み合わせの2つの下級職をLv20以上にすると転職クエストが出現し、クエストをこなすと上級職への転職が可能になります。

 

上級職同士で一部のスキルが共通だったり、下級職と共通のスキルがあったりします。

共通するスキルはどれかの職で取れば他の職ではスキルポイントなしで使えるので、工夫するとスキルが多彩なキャラが作れます。

 

 

■戦士

転職クエストの発生条件は剣士Lv20以上かつ騎士Lv20以上。

名前が似ていますが、剣士と騎士は下級職で、戦士は上級職です。

戦士は剣と槍が使えて、防具も重装備が可能です。

 

槍には闇連突という連撃スキルがあり、消費は多めですが威力は高めです。

Ver.0.8でオート時の闇連突の優先順位が向上したようです。

槍はパラディンでも使えますが、戦士側のメリットとして武器種を問わない全体連撃スキルと、専用武器で全体攻撃しながらの防御力下げがあります。

 

剣の方はつむじ斬という全体攻撃が特徴となっていますが、戦士は全体連撃があるので何とも言えないところです。

(剣の斬撃スキル、槍の突撃スキル、爪の拳撃スキルは同じような単体攻撃なので、比較するのはそれ以外のスキルに着目しています)

 

 

■魔法剣士

転職クエストの発生条件は剣士Lv20以上かつ魔導士Lv20以上。

剣と杖が使えて、賢者と共通の単体2倍魔法が使えたり、敵単体にデバフや状態異常をかけることもできます。

戦闘開始時に20%の下位魔法も魔導士から3種引き継いでいて、発動すればやや有利に戦えます。

 

剣の場合、戦闘開始時に20%リキプが発動した際の火力の高さが魅力的。

(Ver.0.9から開戦時リキプは仲間1人に対して発動するようになりました)

剣を装備していても魔法は使えるので、硬い敵を魔法で削れる魔法剣士の強みは損なわれません。

つむじ斬による全体攻撃もありますが、魔剣グラムは土属性なのでつむじ斬は使用不可です。

 

杖の場合は魔法剣士は単体オンリーになりますが、コスパの良い魔法攻撃の威力を底上げできます。

設定している難易度が高いほど敵が硬くて魔法有利になるので、高難易度でプレイしているならいっそ杖という選択肢もあるかもしれません。

 

  

■モンク

転職クエストの発生条件は格闘家Lv20以上かつ僧侶Lv20以上。

爪による通常の拳撃スキルの他に、極水裂拳というランダム連撃スキルがあります。

極水裂拳はランダムに2~3回攻撃という説明ですが、敵が単体なら2回攻撃、敵が複数なら3回攻撃で対象がランダム(1体につき2発まで)というスキルで、物理攻撃の中ではとても強いです。

 

杖も装備できて、専用武器である三節棍のランダム連撃が低難易度の雑魚殲滅に便利です。

ただし爪スキルが使えなくなる点は要注意。

 

更にモンクは回復魔法(全体あり)、蘇生や異常治癒(単体)、攻撃力や魔力を上げる全体バフ、格闘家から引き継いだ戦闘開始時20%デスなどかなり多彩なスキルがあり、素早さも高めです。

基本的には物理職なので低難易度で真価を発揮する職ですが、強敵相手にもある程度立ち回れると思います。

 

 

■パラディン

転職クエストの発生条件は騎士Lv20以上かつ僧侶Lv20以上。

武器は槍で、戦士同様に闇連突も使えます。防具も重装備が可能です。

更に回復魔法(全体あり)や蘇生&異常治癒(単体)も使えて、素早さや防御力を上げる全体バフもあります。

全体を小回復しながら防御力を上げるスキルも追加されたので、噛み合う状況があれば一手で戦況をかなり有利にすることができます。

僧侶から引き継いだ開戦時ドレンは発動すれば下位魔法程度のダメージを与えることができます。

 

硬さを十分に備えていて更に回復魔法も優秀なので、壁役の中では使いやすい職業だと思います。

戦士と違って全体攻撃がありませんが、このゲームは敵の同時出現数が比較的少ないのでそれほど気にせず戦えます。

 

Ver.0.7で戦闘開始時に20%の確率でMP吸収もできるようになり、ダンジョン攻略時のメンバーとしての有用性が高まりました

Ver.0.8でマソワケが上の方に来たので、仲間にMPを分けるのも楽になりました。

低難易度でプレイしているとMPは持て余しますが、その場合は物理攻撃がよく通るのでアタッカーとして頑張れます。

 

 

■賢者

転職クエストの発生条件は魔導士Lv20以上かつ僧侶Lv20以上。

魔法に特化したキャラで、沈黙や魔力ダウンを防ぎつつ魔力を上げる賢者のローブ等が装備できます。

魔法剣士と共通の2倍魔法が使えて、防御力の高い敵が相手でも問題なく削ってくれます。

更に賢者は全体攻撃の2倍魔法もあり、敵が多い時の火力は現状ナンバー1。

回復や蘇生や異常治癒も単体・全体共にこなし、戦闘開始時に20%の下位魔法も魔導士から3種引き継いでいます。

 

戦闘開始時に20%のMP吸収はVer.0.7でパラディンのスキルに変更されました。

MPを吸収しながら延々と戦い続けることはできなくなりましたが、単体魔法のコスパが良いので継戦能力は十分です。

攻略にもレベル上げにも依然として優秀な職業です。

 

 

■忍者

転職クエストの発生条件は剣士Lv20以上かつ格闘家Lv20以上。

武器は剣と爪が使えます。

 

爪はモンク同様に極水裂拳があり、物理攻撃スキルの中では強力な連撃が放てます。

更に忍者は爪装備時に急所裂きというスキルで即死を狙うことができます。

但しボス敵や一部の雑魚敵には即死が効かないので、モンスター図鑑で耐性を把握しつつの運用が好ましいです。

 

剣の方は、Ver.0.7から全体攻撃のつむじ斬が使えるようになりました

Ver.0.9で専用装備が強化されたので、そちらの性能に期待する形になると思います。

 

忍者は武器種を問わない手裏剣スキルがあり、消費MPを抑えてそこそこの威力で戦うこともできます。

手裏剣スキルもVer.0.7からオートでも使ってくれるようになりました。

逆に言えば、急所裂きをオートで使うように習得スキルを絞っているキャラが手動時に手裏剣や極水裂拳で戦うという戦法は取れなくなったと思われます。

 

他にもVer.0.8から全体になった煙玉、Ver.0.9で追加された変わり身の術と分身の術などがあり、そちらも面白そうな性能です。

素早さも忍者の特徴で、Ver.0.7で上方修正されて2次職の中では単独トップとなりました。

 

 

 

■Ver.0.9追加職

■勇者

戦士・魔法剣士・モンクがLv25以上で転職クエストが発生するとのことです。

デバフを入れながらの攻撃や、全体異常治癒、カウンター、全体ドレンなどが使えます。

専用装備である勇者の剣は通常攻撃時に敵全員に攻撃しつつ攻撃力と防御力を下げるという優秀な武器です。

 

■暗殺者

パラディン・賢者・忍者がLv25以上で転職クエストが発生するとのことです。

デバフを入れながらの攻撃や、全体デバフ、全体状態異常、全体即死などが使えます。

専用装備であるアサシンクローは通常攻撃時に敵全員に攻撃しつつ魔力と素早さを下げます。

 

 

 

====================

 

現在実装されている職業は以上です。

自キャラやパーティーメンバーと同じ職業は酒場に出現しづらいとのことで、色んな職業のキャラを雇って遊ぶことになるかと思います。

自キャラと同じ職の仲間を雇いたい時は、他職に転職してから酒場を見て、雇った後に職を戻せばOKです。

 

 

//

色々書きましたが、転職しても元の職のレベルや経験値が保存されるので適当な職で始めても問題なく楽しめるゲームです。

是非ともプレイしてみてください。

 

このゲームに関する話題はTwitterで #地下迷宮RPG のハッシュタグでツイートされているので、興味ある方はそちらもチェックしてみてください。 

https://twitter.com/search?q=%23%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E8%BF%B7%E5%AE%AERPG&src=typed_query&f=live 

 

この記事を共有する

関連記事

コメント

  1. @h1a2r1r6y

    こんにちは、シフトアップネット愛好家のはりーです。
    記事にちょっとした補足をば。暗殺者及び勇者への転職クエスト発生に必要なLvですが、各専用武器の装備要件と同じ25Lvでした。
    シンプルで気持ち良く遊べるいいRPGですよね。次のアプデが楽しみです。