レトロゲーム(主にSFC)と、パソコンのフリーゲーム(ふりーむ!、フリーゲーム夢現など)をプレイします。RPGが好きです。

ドラゴンクエストV(SFC) ルーレットで使用キャラを決めてプレイ 6週目

スーパーファミコン版ドラクエ5を、ルーレットで使用キャラを決めてプレイします。

6週目ははぐれメタル無限狩りを筆頭に、同じ敵をバグで延々と追撃し続けて経験値やお金を稼ぐ回。

前回実践した「はぐれ毒針ハメ」のような追撃バグを色んな敵編成で、パルプンテにも頼らずに応用していきます。

 

 

■ルーレット結果(6週目)

さて、使用キャラを決めるルーレットを回します。

以前MVPを取ったキャラはルーレットから外しています。

(ホイミスライム、踊る宝石、ケンタラウス、キメラ、メッサーラ、ドラキーが外されています)

 

それでは、ルーレット、ドン!!

 

・・・・・・

 

 

……

 

 

ブラウニー

アームライオン

ブラウニー

主人公

ネーレウス

シュプリンガー

ドラゴンキッズ

ブラウニー

(↑の数字は起き上がる確率です)

 

……って、おいっ!!! ぅおいっっ!!!!

ブラウニー3体て。なんですかこれは。

初期メンバーは主人公とコドランがいますし、ブラウニーが3匹いたところでどうしろと言うんでしょう。

 

何とかブラウニー達を活用できないか考えた結果、今回はブラウニー達を利用して追撃バグ(通称255狩り)の実験を行うことにしました。

前回実践したはぐれ毒針ハメを他の敵編成に応用して、パルプンテにも頼らない確実な方法に挑戦します。

 

そして、追撃バグを色々調べている内に、なんと今回のメンバーにはぐれメタル無限狩りが可能なキャラがいると判明しました。

……おお、マジですか。是非ともやりましょう。

今回はかなり情報の詰まった記事になりそうです。

 

 

6週目のルールは、

・馬車購入時から縛り開始

・裏ボス撃破までやる

・カジノなし

・裏技はモンスター爺さん関連のバグ技を禁止、他は制限なし

でいきます。

 

バグ狩りの説明は以前の記事と重複する部分も多いですが、この記事だけ読まれた方にも分かるようにしています。ご了承ください。

 

 

■6週目開始

幼年期からひのきの棒と尖った骨を持ち越してあり、主人公とヘンリーの装備を整えて馬車を購入したセーブデータ(1週目から使い回し)で6週目開始。

主人公単騎で少し戦って、ドラゴンキッズのコドランが起き上がりました。

 

序盤のメンバーの中では割と使いやすいコドラン。

加入直後は賢さが低いですが、力の高さはなかなかのもので、しばらく育てると火炎の息や激しい炎で活躍してくれます。

レベルカンストまで育ててもHP200なのが難点ですが、ブオーンをソロで倒せる程度の強さまでは育ちます。

ただ、今回実行するような追撃バグをやるには、コドランは初期状態から火の息が使えることが災いすると思われます。

 

 

続けて、ブラウニーの1匹目ブラウンが加入。

 

みんなのお荷物、ブラウンです(さらっと酷いこと言ってます)

特技は荷物持ち。他のキャラと同じ量の荷物を持つことができます。特技ではないです。

そんなブラウンですが、今回はほぼずっとスタメンを張ると思われます。

頑張れブラウン。

 

 

イベントを進め、偽太后の前に立ったらキメラの翼を使ってからラーの鏡を使用。

偽太后と城外で戦う裏技でヘンリーの強制参戦を回避します。

 

ボスが笑い袋を呼んだ直後にブラウンが笑い袋を撃破してくれたりして、ブラウンもちょっとだけいいところを見せてくれました。

そうして笑い袋に悪さをさせることなく無事に勝利。

 

ヘンリーが離脱して、サンタローズの洞窟に仲間モンスターを2匹連れて入ることができるようになりました。

 

 

//

さて、今回はサンタローズの洞窟でメタルスライム257回狩りの実験をします。

うまくいくかな……?

 

■実験 ~メタルスライム257回狩り~

これあくまでも実験です。

より実用性の高い経験値稼ぎは後でまた別の場所で試みます。

 

 

■下準備

・ブラウニーを2匹目まで勧誘

(他のキャラでもできますが、力が低い、ブレス攻撃を持たない等の条件があります)

 

・ブラウニー2匹をLv9~10に

賢さ20以上で命令を聞いてくれて、力がガメゴンの守備力の半分未満です)

(正確には、追撃役の攻撃力-1 が 敵の守備力の半分以下ならOKという情報があります)

 

・主人公Lv18以上

(サンタローズの洞窟B2F以降を逃走確定にして、敵の吟味の負担を軽減します)

 

ブラウニーの2匹目は1/64なのでちょっと大変でしたが、Lv10になったブラウンを一旦預けて上記の条件を崩さないようにしつつ2匹目のボコボコを勧誘し、準備を整えました。

 

準備が整ったら、主人公に聖水2つ、ブラウンに聖水2つ、ボコボコに聖水1つを持たせ、敵から逃げながら進みます。

聖水を持ち過ぎているとAIがガメゴンを聖水で倒してしまう恐れがあるので、最小限の個数にしてあります。

ブラウンとボコボコの武器を外しておき、防具は普通に整え、主人公の武器防具も整っている状態でサンタローズでセーブしておきます。

 

ブラウニー達の攻撃力は53と49。ガメゴンの守備力110の半分未満ですね。

(敵の守備力の半分を超えるとどうなるかは後で試します)

 

 

■実験開始

サンタローズの洞窟B2F以降(B4Fがいいんでしたっけ?)で逃げ続け、

左側にメタルスライム、右側にガメゴンの敵編成を狙います。

敵編成の吟味が結構辛いので、逃走確定(主人公Lv18以上)になっているかどうかは重要です。

 

延々と逃げ続けて、上記の敵編成に遭遇しました。

 

狩りたい敵が1グループ目、放置する敵が2グループ目以降ならOKです。

 

まず、このメタルスライムのHPが3~4であることを祈ります。

(レアケースでHP5の可能性があり、それだと聖水を用いたHP調整が失敗します)

1ターン目は主人公とブラウンがメタルスライムに聖水を投げ、ボコボコは防御します。

メタルスライムが逃げないことを祈ります。

 

今作の聖水はメタル系に対して必中で1ダメージ

1ターン目に聖水を2発当てて、メタルスライムのHPは残り1~3(大抵1~2)になりました。

2ターン目は3キャラ全員でメタルスライムに聖水を投げます。

ここでもメタルスライムが逃げないことを祈ります。

味方の中で最後以外に動いたキャラがメタルスライムを倒せば成功です。

 

よしっ、撃破。

ひとしこのみの会心で一発撃破した方がいいですが、ひとしこのみはグランバニアまで進めないと使えないので、現時点ではこういう倒し方もしくは毒針になります。

 

そして、同じターン内に他の仲間が使う聖水の攻撃先がバグって、倒したはずのメタルスライムを追撃します。

 

倒したはずのメタルスライムは、こうしてバグで追撃すれば1ダメージでも倒せます。

ブラウンとボコボコが聖水でメタルスライムを追撃し、1匹しかいなかったメタルスライムを計3回撃破しました。

メタルスライムの数は内部的にバグっていて残り254匹

倒した扱いになっているのでもう行動はしません

 

こうなってしまえば普通の単体攻撃でも、メタルスライムを狙うことさえできれば追撃できます。

ただ、命令させろでメタルスライムを狙うことはもうできません。

 

3ターン目からは作戦を呪文使うなに変更します。

主人公は常に命令できるので、スカラを皆にかけてガメゴンからの被ダメを抑えます。

 

ブラウンとボコボコのAIは、生存しているガメゴンを攻撃することをまず考えるはずですが、攻撃力不足でダメージが通らないと判断すると……?

 

よしっ、実験成功!!

画面が一瞬乱れてますが、ボコボコが呪文使うなでメタルスライムを追撃しています。

その後のターンもブラウン達はメタルスライムを追撃し続けてくれました。

 

主人公はスカラが行き渡ったら馬車に引っ込めた方がコマンド入力が楽になりますが、この洞窟は馬車が入れないエリア。

主人公はひたすら防御してAIの追撃を見守りました。

 

このままひたすら戦い続け、メタルスライムが内部的に再び0匹になってブラウン達がガメゴンを攻撃するようになったら(もしくは途中で戦闘を終えたくなったら)、ガメゴンを普通に撃破して戦闘終了。

 

メタルスライムの経験値1350×257=346950(+ガメゴン1匹分)の経験値を1戦で獲得できました。

稼ぎが成功するまでが結構大変でしたが、なかなかの成果です。

 

主人公Lv18→34 HP140→263 MP55→133 力58→116 早47→82

ブラウンLv10→31 HP107→316 力53→144 早10→43

ボコボコLv9→31 HP100→316 力49→144 早10→43

お金も2万近く増えました。

 

主人公はベホマザオラル、メガザル、バギクロスを覚えました。

Lv34だと試練の洞窟まで逃げが確実に決まります。

仲間勧誘は魔界のフィールド上まで可能なレベルになりました。

……ふむ。この3キャラで当分問題なく進行できそうですね。

 

 

サンタローズの洞窟でこの稼ぎをやるのはオススメしませんが、条件さえ整えれば早い段階で実行できることと、ガメゴンの守備力が110もあるのでAIが攻撃を諦めてくれるための条件が割と緩いことが利点です。

ただ、ここでやると馬車まで経験値が入らないのが痛いですね……。

条件が揃っていれば偽太后を無限狩りした方がいいです。

(偽太后の無限狩りは7週目でやります)

 

この記事では他の場所での追撃狩りも色々試していきます。

経験値稼ぎもいいですが、お金稼ぎもやっておきたいです。

 

 

■グランバニアへ

悪魔のツボのザキで主人公が死んだことはあったものの、一旦戻ってからは問題なく進行。

 

……ってMP尽きとるやないかい。あれだけ鍛えたのに。

ミミックのザラキでブラウンやボコボコが死んでザオラルで消耗しました。

ブラウニーは即死耐性がちょっとあるみたいなんですけどね。

 

さて、グランバニアに到着して「ひとしこのみ」が使えるようになったので、会心の一撃ではぐれメタルを倒したり、モンスターを仲間にしたりするのがとても簡単になりました。

さっそく利用していきます。

 

 

■実験 ~カンダタ257回狩り~

ひとしこのみが使えるようになった直後のボスであるカンダタ。

カンダタは1150Expと500Gを持っています。

経験値もそこそこですが、お金が500Gというのは今作ではかなり上位です。

そしてカンダタは右側にお供を連れて出現します。

お供のシールドヒッポの守備力は120。先程のガメゴンより硬いですね。

賢さ20以上、攻撃力61以下で余計な特技がないキャラであれば、AIがシールドヒッポへの攻撃を諦めてカンダタに追撃し放題なんじゃないでしょうか。

 

先程のメタルスライム257回狩りと同じ要領で、カンダタの257回狩りを狙ってみます。

 

 

■下準備

主人公のアイテム欄を↓の順番通りに並べて、ひとしこのみを発動させます。

他のアイテムは持たせてはいけません。

 

こうしておくことで、通常の単体攻撃が全て会心の一撃になり、更に(何か制限に引っかかっていなければ)倒したモンスターが確実に起き上がります。

 

このプレイはブラウニーを普通に2匹使っているので、この実験は3匹目のしげまるが担当します。

 

ひとしこのみ会心ではぐれメタルを1匹倒して、しげまるのレベルを上げて賢さ20以上を確保。

今回はあえてギリギリの力で実験するために他の敵を少し狩って、しげまるをLv12にしました。

 

今回のカンダタ狩りは先程のメタルスライム狩りと同じ方法ですが、

追撃役の攻撃力-1 が 右側の敵の守備力の半分ピッタリとなっています。

この方法を実践するにはこれがギリギリのラインだという情報がありますが、果たして攻撃力61のしげまるは守備力120のシールドヒッポを無事に放置してくれるでしょうか?

しげまるは武器を装備させず、防具はしっかり固め、聖水を1つ持たせます。

 

主人公には武器防具を普通に装備させ、カンダタのHP調整を確実にするためにファイト一発と魔封じの杖を持たせます。

 

所持金カンストまで一気に稼ぐ予定なので、お金を預けておきます。

念のためセーブしておいて準備完了です。

 

 

■実験開始

主人公としげまるで試練の洞窟へ。

余計な敵は狩らず、ブラウニーLv12を維持してカンダタ戦へ。

 

シールドヒッポを残したまま、主人公のスカラで2キャラとも守りを固め、魔封じの杖でカンダタのベホイミを封じつつHPを削ります。

カンダタのHP600を主人公があと一撃で倒せるかどうかのラインまで削り、確実に倒すためにファイト一発を自分に使います。

 

そして、主人公がしげまるより先に行動し、カンダタを攻撃して撃破。

同じターン内にしげまるは聖水をカンダタに使います。

 

聖水バグを利用してカンダタの二重狩りに成功。

カンダタの数がバグって残り255匹になりました。

この状態のカンダタはもう行動しないし、AIが攻撃してくれるのであれば一撃で倒せます。

ありがたい仕様ですね。

 

以後は作戦を呪文使うなにして主人公は防御。

しげまるがカンダタを追撃し続けるのを見守ります。

 

よし、実験成功

  

あとは主人公はひたすら防御して、HPが減ってきたら回復します。

一度うっかり逃げようとしてしまいましたが、ボス戦なので逃走できなくて助かりました。

 

しげまるにベホイミを1回使っただけでカンダタを257回狩り尽くすことができました。

(お金目当てであれば200回狩ればOKです)

あとはシールドヒッポを倒して戦闘終了。

 

主人公Lv35→40、しげまるLv12→29。

このエリアも馬車まで経験値が入らないのが残念ですが、今回のメリットは経験値よりもお金です。

 

はい、ごちそうさまです。

多すぎて持ち切れないほどのお金を稼ぐことができました。

グッジョブしげまる。

 

カンダタと戦えるのは一度きりで時期も限定されますが、敵編成を吟味する必要なく遭遇できてこれだけ稼げるというのはなかなか実用性があるんじゃないでしょうか。

 

 

■ストーリー進行

さて、頑張って大金を稼いでくれたしげまるは、ご褒美として野山に帰してあげました。

 

バイバイ、しげまる。

 

 

さて、ストーリーを進めて仲間を増やします。

青年期後半まで進めてネレウスを勧誘しました。

 

敵の時は稲妻を使ってきて結構強いネーレウス。

仲間にすると稲妻は経験値120万近くまで育てないと思い出してくれません。

成長速度がイマイチで、攻撃呪文もヒャド系とバギ系なので微妙そうな感じ。

通常プレイではほぼ確実にスルーされるキャラだと思いますが、山彦ラリホーが使えるのでこのプレイ的には十分にありがたいです。

 

 

そして、ボブルの塔地下まで進めてリンガーを勧誘。

 

リンガーは奇跡の剣が装備できるアタッカーなので、ひとしこのみと相性が良いです。

サーラのような属性耐性はないですが、鍛えてしまえば問題ないでしょう。

素早さがそこそこあるのもありがたいです。

ブラウン達は遅すぎて雑魚狩りで被弾が多いので、リンガーは即スタメン入りしました。

 

さて、ブラウニーの3匹目と別れてあるので、4匹目のトントンを一旦仲間にして別れ、3匹目のしげまるを再び勧誘。

 

おかえり、しげまる。

一旦別れて再加入させたことでレベル1に戻りました。

(これは仕様だと思うので、モンスター爺さん関連のバグ技には含めていません)

知力の兜で賢さを確保して、早速実験に付き合ってもらいます。

 

 

■実験 ~はぐれメタル257回狩り~

さあいよいよ本題、はぐれメタル狩りの実験です。

 

 

■事前の調査

5週目終了後に実験をして、初期レベルのスライムや女の子(いずれも力8)で、グランバニアへの洞窟1Fではぐれメタル+他の敵の編成ではぐれメタルを追撃し続けることに成功しました。

 

5週目後編でのパルプンテに頼ったはぐれ毒針ハメと違い、この方法は狩り役の被ダメを抑えたりたまに回復してやるだけではぐれメタルを延々と追撃できます。

これはひとしこのみRTAで活用されているテクニックで、↓の動画の3:43:40~で確認できます。

【参考】 https://www.youtube.com/watch?v=6eEcBPzk9Wg&t=13420s

  

この狩り方は攻撃力が非常に低いキャラを使う必要があるようで、初期レベルのスライムや女の子では上記の通り成功しましたが、毒針装備のクックルでは再現できませんでした。

果たしてLv1ブラウニーのしげまるには可能でしょうか?

Lv1しげまるの攻撃力は武器なしで35。初期レベルの男の子と同じですね。

上の参考動画で初期レベルの男の子は追撃に参加していないので、それが答えだろうとは思いますが……。

 

 

■はぐれメタル以外の敵のデータ

・ベロゴンロード

……攻95、守40。

酸液のツバは攻撃の1.25倍のダメージとのことです。

やけつく息はそこそこ効きそうです。

守備力が低いので、攻撃力が非常に低いキャラでないとこの方法では放置してくれないと思います。

(後で試すはぐれメタル無限狩りであれば敵の守備力は関係ありません)

 

・メイジキメラ

……攻82、守67。

ギラ・ヒャドで攻撃してくるので、狩り役の安全のために呪文を封じると良いです。

やけつく息は効かないようです。

 

・メッサーラ

……攻107、守67。

マホトーンを使ってくるので回復を封じられないよう注意。

攻撃力が高いので、防具やスカラでしっかり守りを固めておきたいです。

やけつく息は効かないようです。

 

・ミニデーモン

……攻79、守68。

どこかに行ってしまうことがあります。

やけつく息はたまに効きそうなので、放置するなら麻痺させておきたいところです。

作戦変更でこちらの行動を変えてしまうこともあるので要注意。

 

 

//

ベロゴンロード以外は守備力67~68で大差ないですね。

ところが、今回はこの67と68の違いが命運を分けそうです。

しげまるの攻撃力は35なので、追撃役の攻撃力-1 が 敵の守備力の半分以下ならOKという情報が正しければ、敵の守備力が68以上じゃないと放置してくれないことになります。

そして、守備力68のミニデーモンは前述の通り、麻痺させておかないとどこかに行ってしまいます。

今回はパルプンテ以外に敵を麻痺させる手段がないので、今回は守備力67の敵(メイジキメラかメッサーラ)を狙って実験してみます

 

 

■実験開始

ひとしこのみ状態で、はぐれメタル+メイジキメラに遭遇。

はぐれメタルは左側です。

 

まず、ひとしこのみ会心ではぐれメタルを撃破。

 

同じターン内に、武器を装備し直してのひとしこのみ会心ではぐれメタルを追撃します。

 

敵が1グループ目であれば聖水等を使わなくても、武器を装備し直してのひとしこのみ会心でこのように追撃できます。

ボコボコとブラウンがはぐれメタルを追撃し、内部的には残り254匹。

 

しげまるの安全確保のために、メイジキメラの呪文を封じておきます。

 

念のためにしげまるにスカラもかけて、あとは呪文使うなでしげまるがはぐれメタルを狙ってくれることを祈りましたが……、

 

……はい、失敗しました

ひとしこのみ状態であっても攻撃力の低さが十分であればお供を放置してくれるんですが、攻撃力35のしげまるは普通にお供を叩いてしまいました。

知力の兜を装備させているので賢さ不足ではありません。

 

 

カンダタ&シールドヒッポの時に しげまる攻61、シールドヒッポ守120 はお供を放置。

今回のはぐれメタル&メイジキメラで しげまる攻35、メイジキメラ守67 はお供を攻撃。

追撃役の攻撃力-1 が 敵の守備力の半分以下 なら放置してくれるという情報はやはり正しそうです。

(その情報を疑っていたわけではないんですが、後述の動画でしか見たことがなかったので念のために自分でも確認してみました)

 

というわけで、二代目しげまるは成果をあげることができませんでした。

とりあえず魔法の絨毯を広げる役でもやってもらいますかね……。

 

 

■応用 ~はぐれメタル無限狩り~

今回実験したバグ狩りについて、「行動者の攻撃力-1 が 敵の守備力の半分以下」ならOKというのは↓の動画からの情報です。

【参考】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm31892958

   

そして、この動画の後半では更に凄まじいバグ狩りが実行されています。

なんと同じ敵を回数制限なく追撃できる方法があるとのこと。

しかも、そちらの方法は追撃役の攻撃力や敵の守備力の影響を受けなさそうです。

そして、動画時間23:12~のはぐれメタル無限狩りには、今回のメンバーであるアムールが使われています。

是非とも実践してみましょう。

 

まずはデモンズタワーの上層階でアムールを勧誘。

 

アムールは加入時点で賢さが非常に低く、特技も初期状態では何もありません。

(初期からマヌーサを覚えているように書いている攻略サイトがありますが誤りです)

これから実践するバグ狩りは賢さ9以下(命令を聞かない状態)である必要があり、余計な特技を持たず攻撃し続けてくれる点も含めると、スライムLv6以下もしくはアームライオンLv4以下が適任なようです。

 

 

アムールの装備を整えます。複数攻撃武器と知力の兜はNGです。

 

そして、ひとしこのみ状態で、毒針かデーモンスピアか聖水で2番目の敵を追撃できる準備を整えて、はぐれメタルの右に2グループ以上いる敵編成とエンカウントします。

 

……って、一番左以外ははぐれメタルじゃない方が助かるんですが……まあ左の2匹が逃げなければ大丈夫です。

 

2番目の敵を撃破+聖水バグ等で追撃。1番目のはぐれメタルは普通に撃破します。 

 

残ったメッサーラは呪文を封じてくることがあるので、先にこちらから封じておきます。

 

次は作戦を呪文使うなに切り替えて、主人公はアムールにスカラ。

賢さ不足のキャラは2番目の敵が所属するグループを狙うらしいですが、そのグループの敵の数が追撃バグでおかしくなった状態だと1番目のグループを狙ってくれるようです。

 

よし、成功!!

アムールが一番左のはぐれメタルを追撃してくれました。

これまでの狩り方とは違って、一番左のはぐれメタルは普通に倒して0匹だったにも関わらず、です。

この方法だと一番左のはぐれメタルが内部的に255匹から再び0匹に戻っても引き続き追撃できます。

 

あとは心ゆくまでアムールの追撃を見守るのみ。

主人公を馬車に引っ込めて、撃破ペースは1分あたり17匹くらい。

時々主人公を出してアムールを回復してやりつつ、1時間も経たずに全員がレベルカンストするところまで稼げそうな感じです。

折角なので少し多めに狩って、獲得経験値のカンストを拝みました。

 

1戦で1111万1111の経験値を獲得しました。これが上限です。

そして長い長いレベルアップタイムを終えると……、

 

はい、全員レベルカンストしました。

ヤバいですね。

装備を整えれば攻守はまだまだ伸びますが、ひとしこのみ状態の主人公でさえハンデを感じさせないくらい強いです。

 

あまりにも強すぎるので道中は割愛します。

 

 

■エスターク戦

主人公にひとしこのみ以外のアイテムを持たせないよう注意。

 

リンガー:天空の剣、戦いのドラム

ネレウス:祝福の杖、復活の玉

ブラウン:星降る腕輪、賢者の石

ボコボコ:世界樹の雫、時の砂

 

世界樹の葉すら持たせてません。舐めプです。

だってみんなめっちゃ強いし……。

 

ブラウンとボコボコにビッグボウガンを買い与えて攻撃力365。非常に強いです。

リンガーは先頭に立って囮となり、奇跡の剣で回復しながら攻撃。

ネレウスは素早さの種でエスタークに先行が安定する素早さ(114)を確保しています。

 

というわけで戦闘開始。

 

1ターン目 リンガー400/400 ブラウン510/510 ネレウス346/346

リンガーが天空の剣で敵の自動マホカンタを解除。

ブラウンが会心325。ネレウスの山彦ラリホーが成功。

敵は眠り、眠り

 

2ターン目 リンガー400/400 ブラウン510/510 ボコボコ510/510

リンガーが戦いのドラム。ブラウンが会心672。

敵は起き、メラゾーマ>リンガー。

ボコボコが会心695。

 

3ターン目 リンガー291/400 ブラウン510/510 ネレウス346/346

リンガーが会心500+奇跡の剣で1/4回復。

ブラウンが会心741。強すぎる……。

ネレウスの山彦ラリホーが成功。

敵は眠り、眠り。

 

4ターン目 リンガー400/400 ブラウン510/510 ボコボコ510/510

ブラウンが会心741。リンガーが会心562。

敵は起き、打撃>リンガー。

リンガーを狙ってくれているので奇跡の剣で回復の手間が省けて助かります。

ボコボコが会心672。

 

5ターン目 リンガー267/400 ブラウン510/510 ネレウス346/346

リンガーが会心562+1/4回復。

ブラウンが会心650。ネレウスの山彦ラリホーが成功。

敵は起き、メラゾーマ>リンガー。

またリンガー狙いですか。主人公のベホマの出番が来ませんね。

 

6ターン目 リンガー301/400 ブラウン510/510 ネレウス346/346

リンガーが会心500+1/4回復。

ブラウンが会心672。ネレウスの山彦ラリホーが成功。

敵は眠り、眠り。

 

7ターン目 リンガー400/400 ブラウン510/510 ボコボコ510/510

 

おおう、もう撃破ですか。

 

耐性貫通状態なので山彦ラリホーが当然のように全て決まり、敵の攻撃はたったの3回。

しかもその全てがリンガーへの単体攻撃だったので、戦いのドラム+ひとしこのみの奇跡の剣の回復力だけでお釣りが来る始末。

まさかベホマの出番すらなく一方的に攻撃して倒せてしまうとは。

エスターク戦ってこんなにあっさり終わることもあるんですね。

 

お、おう……。頑張れエスターク。

 

 

■6週目あとがき

ドラゴンクエストV(SFC) ルーレットで使用キャラを決めてプレイ 6週目はこれにて終了です。

今回は経験値稼ぎのやり方を学ぶのがメインの回でしたが、まさかエスターク7ターン撃破まで拝めるとは。

高レベルに相応しい高火力を堪能できて大満足です。

 

今回のMVPは、んー……エスタークに700前後のダメージを叩き出していたブラウニー達の姿も印象深いですが、それはアムールが莫大な経験値を稼いでくれたおかげなわけで……。

アムールの出番は稼ぎの1戦だけでしたが、功績があまりにも大きいですね。

MVPはアムールにしましょう。

はぐれメタル無限狩りができるキャラはかなり限られているようなので、卒業させてしまうのは惜しいですけどね。

 

最終経験値、最終レベルは全員カンストでした。

はぐれメタル無限狩り、恐るべし……。

 

 

今回はここまで。

MVPを取ったキャラはルーレットから外れて、残り41キャラとなりました。

次回もまたバグ狩り満載の回です。

 

 


このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。

© 1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

(ドラゴンクエスト5の画像投稿に関するガイドラインに従ってこのように記載しています)

この記事を共有する

関連記事