レトロゲーム(主にSFC)と、パソコンのフリーゲーム(ふりーむ!、フリーゲーム夢現など)をプレイします。RPGが好きです。 // 投稿した記事の数が多くなってきたので、古い記事へのコメントには気付けないと思います。ご了承ください。

ドラゴンクエストV(SFC) ルーレットで使用キャラを決めてプレイ 2週目

スーパーファミコン版ドラクエ5を、ルーレットで使用キャラを決めてプレイします。

2週目は色物キャラが多めの編成。ガチ勢も多いです。

1週目とは雰囲気がガラりと変わって、新しい冒険が始まります。

 

 

■ルーレット結果(2週目)

さて、今回のメンバーの発表です。

ルーレット、ドン!!

 

 

・・・・・・

 

 

……

 

 

爆弾岩

魔法使い

踊る宝石

ゴーレム

踊る宝石

ピピン

女の子

(名前の下の数字は起き上がる確率です)

 

……なんだこれ、、

 

青年期前半が完全にネタ枠です。

お爺ちゃん、爆弾岩、踊る宝石、踊る宝石。

よくもまあこれだけおちゃらけた奴らが揃ったものです。

 

青年期後半は打って変わって、ゴーレムや女の子といった真面目な顔ぶれ。

後半は仲間勧誘が楽なので、スムーズに進められるといいですね。

 

今回は回復呪文持ちのキャラが当たりませんでした。

普通に考えたら心配ですが、まあこのメンバーなら大丈夫でしょう。多分。

まあ移動中の主人公の呪文は縛らないので、主人公が居る時は戦闘終了後に回復してもらえます。

 

 

2週目のルールは

・溶岩原人戦から縛り開始

・主人公は装備禁止&参戦禁止(移動中の呪文は可)

・裏ボス撃破までやる

・カジノなし

・裏技なし

でいきます。

 

最初にマーリンを仲間にしてソロで延々と育成してそこから仲間勧誘のために死の火山で狩り続けるのは相当大変そうなので、その時点ではメンバーを縛らないでおきます。

仲間が揃うまでのキツい期間はこういった縛りの見所なのでは?という気もするんですが、極端にマゾいプレイにするのは避けてどんどん周回する方針です。

 

 

■2週目準備

今回は溶岩原人戦から縛り開始としたので、その直前までは好きなメンバーで戦うことができます。

スラリン、ピエール、コドラン、アーサー、イエッタ等を仲間にして進行

アーサーはまんたんバグが使えるものの勧誘が割とキツいのでどうするか迷っていたんですが、すんなり起き上がってくれて助かりました。

 

 

ポートセルミまで来て、魔法使いのマーリンがすぐに起き上がりました。

 

無駄に高確率(1/2)で起き上がるマーリンお爺ちゃん。

魔法使いなのにメラゾーマやイオナズンは覚えない微妙なキャラです。

今回のルーレットで選ばれた正規メンバーではありますが、縛り開始前なので馬車に居てもらいます。

 

 

死の火山まで来ると、踊る宝石の1匹目がすんなり起き上がりました。

 

やあ、ジュエル。よろしく頼むよ。

一旦ダンジョンを出て、賢さの種を1つ残して投与して+3吟味。

踊る宝石は本来賢さが5から伸びないキャラですが、先に賢さの種を与えておくとレベルアップ時に賢さが+0~1になるので、3回目のレベルアップまでは賢さ+1が引けるようセーブリセット。

こうすることで、賢さの種4つで踊る宝石が賢さ20に到達します。

 

 

爆弾岩が出ても戦い、メガンテで死者が出たらスラリンでリレミト。

4回ほど戻らされた後、ロッキーが起き上がってくれました。

 

良かった……これで爆弾岩を狩らずに済みます。

今回は勧誘がなかなか順調です。

まあ今回のメンバーだと爆弾岩は要らない子ですが、せっかくルーレットで当たったキャラなので仲間にしておきました。

 

 

さて、残るは踊る宝石の2匹目(1/64)と、賢さの種。

死の火山のB2F以降でメタルハンターから賢さの種を狙いながら踊る宝石を狩れるので、ひたすら狩ります。

イエッタがLv22で凍える吹雪を覚えて狩り効率アップ。

ピエール&アーサーのまんたんバグのおかげで回復所に行かずに狩り続けられるので、爆弾岩を叩かないように気を付ければどんどん狩れます。

 

賢さの種を3つ拾ったところで、踊る宝石の2匹目リッチーが起き上がりました。

 

リッチーもジュエルと同様に賢さの種を使ってから成長を吟味。

サラボナ周辺でレベル上げ中に賢さの種を更にゲットして、2匹とも賢さ20に到達しました。

 

 

//

下準備はここまで。

ルーレットで選ばれた正規メンバーが早くも4キャラ集まりました。

 

ジュエルは既にレベル上限まで育ってます。

 

攻撃力はイマイチですが、守備力が非常に高いです。

そして踊る宝石は属性耐性がとても優秀。

ギラ(炎)・イオ・ヒャド(冷気)に完全耐性、メラ・バギ・デインに強耐性です。

この守備力と属性耐性でどこまで切り抜けられるかが今回の鍵となるでしょう。

ここまで順調に進んだので、逃走確定レベルには到達していません。

 

 

■縛り開始

……というわけで溶岩原人戦から縛りプレイ開始。

ここからはルーレットで選ばれたキャラ(ジュエル・リッチー・マーリン・ロッキー)で進みます。

 

主砲はジュエルのバギクロス。

リッチーはバギクロス未習得なのでメダパニで援護します。

被ダメは0か1。殆んどダメージを受けずに溶岩原人3匹を殲滅しました。

 

 

薬草と毒消し草を買い込んで滝の洞窟へ。

踊る宝石2匹と、荷物持ちのマーリンも連れて行きました。

毒とルカニ系が嫌なのでそういう敵からは逃げ、難なく突破。

 

そのまま物語をどんどん進め、デモンズタワーへ。

オークLv20戦はルカナンがちょっと怖いですが、

 

対策完了。

ちなみにマーリンお爺ちゃんはミミックのザラキで死にました。

 

オークLv20とキメーラLv35をバギクロスで蹴散らし、ジャミ戦は主人公が必須なので一旦戻って主人公を連れて行きます。

主人公は参戦させない方針なので、ジャミのバリアが解けたらメガザルで自決してから戦闘開始。

ジャミもバギ耐性がないのでバギクロスで楽勝でした。

  

青年期前半はこれにて終了。

ひたすら踊る宝石無双でした。

後半もこの調子でいけるといいですが……。

 

 

■青年期後半

長い石化イベントを終えると、人間組が一気に加入します。

今回ルーレットで選ばれたのは女の子(タバサ)とピピンです。

 

とりあえず人間組は馬車で育成して、踊る宝石たちとマーリンに戦ってもらいます。

 

そしてエルヘブン周辺でゴーレムを仲間にして、今回のメンバーが揃いました。

 

よろしくゴレムス期待してるよ。

 

ゴレムスを勧誘している間に女の子とピピンはすくすく成長して、女の子はバイキルトを習得しました。

そして先に迷いの森で妖精の剣を回収している間にリッチーがLv7(上限)になってバギクロスを習得。

 

 

さて、しばらく3キャラしか入れないダンジョンが続きます。

ゴレムス、ジュエル、リッチーに薬草を持たせて挑みます。

(ゴレムスは属性耐性はイマイチですが、守備力は踊る宝石並です)

 

まずは天空への塔。

一部の敵がこちらの守備力を超えてダメージを通すようになりつつありますが、まだ被ダメは小さいので普通に逃げるだけで通過。

 

続いてトロッコ洞窟はサウルスロードの体当たりが心配でしたが、一度しか遭遇せず、運良く逃げられたので無事に通過。

祝福の杖を入手して戦闘中に回復できるようになりました。

 

迷いの森はアイテム回収済みなのですぐに通過。

力の盾を1つ購入して戦闘中の回復手段を増やしておきました。

 

 

ボブルの塔まで来ると逃げ失敗で結構HPを削られるようになりました。

祝福の杖と力の盾で回復しながら戦って進行し、シュプリンガーはルカナンが危険なので逃げ。

 

ゴンズとゲマにはバギクロスが効かないのでファイト一発で殴ります。

 

ゴレムスに暴れてもらう予定だったのですが、ストロスの杖(麻痺回復)を持って来るのを忘れたので、麻痺無効のジュエルに急遽ファイト一発で殴ってもらいました。

結局ゴレムスも麻痺することなく一緒に殴って勝利。

 

 

ブオーン戦は主人公が強制参戦(メガザル自決)。

ブオーンの攻撃はそこそこ痛かったですが、前に立つジュエルを妖精の剣で固めて、祝福の杖や力の盾で回復しながらバギクロスで攻めて勝利しました。

 

……と、ここまでは順調ですね問題は終盤戦。

ジュエルに命の木の実を投入して強敵達に備えます。

 

 

■大神殿

町扱いで人間キャラが優先されてしまうエリア。

女の子とピピンを預け、モンスターを連れて行きます。

 

まずはラマダ戦。

主人公は参戦を避けるためにメガザル自決。

ジュエルは妖精の剣で守りを固めてから祝福の杖、暇なら攻撃。

ゴレムスは天空の盾でマホカンタを張ってから攻撃。

余裕で撃破しました。

 

 

一旦戻って主人公の蘇生とMP回復をして、主人公(強制)・ジュエル・リッチーで再入場。

主人公の移動中の回復呪文やザオラルが支えですが、主人公は装備禁止なので死にやすいです。

主人公を最後尾にして道中はひたすら逃げます。

敵の攻撃がかなり痛かったですが、ジュエルが一度死亡しただけで突破できました。

 

そしてボスのイブール戦。

馬車を呼ばれての戦闘になりますが、前述の理由で女の子とピピンは連れて来ていません。

 

敵の行動ローテーションをしっかり確認しながら戦います。

(輝く息 → マホカンタ → 痛恨(95固定) → 防御(1/5) → イオナズン → 凍てつく波動)

 

輝く息は冷気属性なので、冷気が効かない踊る宝石だけ出して無効化。

マホカンタはジュエルが天空の剣で解除。

防御ターンにゴレムスが天空の盾を使って次のイオナズンを反射。

祝福の杖を使わされるのは痛恨の後だけで、あとはバギクロスとゴレムスの打撃でどんどん攻めて撃破。

 

 

女の子とピピンを再びパーティーに加え、いよいよ魔界へと旅立ちます。

 

 

■魔界

全体回復の賢者の石を入手。ありがたや。

 

道中はジュエルに星降る腕輪を付けて、妖精の剣を使って守りを固めて逃げ。

魔界の敵の猛攻をものともせず単騎で安全に逃げられました。

 

ジャハンナではゴレムスにビッグボウガン、ピピンに吹雪の剣、女の子に水鏡の盾を購入。

あまり狩ってない割に意外と色々買えたなと思ったら、復活の杖を買っていませんでした。

ま、まあ何とかなるでしょう。多分。

 

 

エビルマウンテンでも基本的にはジュエル単騎で妖精の剣→逃げですが、エビルスピリッツ、シュプリンガー、ギガンテスが出た場合はマーリンとロッキーを出して逃げます。

  

道中で山彦の帽子を回収。

今回はジュエル、リッチー、女の子、マーリンが装備できるので取り合いです。

まあこの編成で山彦マーリンという選択肢は無いですね。

女の子はまだイオナズン等を覚えていないのでリッチーに装備させました。

 

ヘルバトラー戦は山彦バギクロスのお披露目です。

 

サクッと倒してセーブのために帰還。

回収したアイテムを売って復活の杖とファイト一発を購入してラスボスへ。

 

 

■ミルドラース戦

まずは第一形態。

ジュエルが先頭に立ち、妖精の剣で守りを固めます。

女の子がゴレムスにバイキルトをかけ、ゴレムスが殴ります。

 

続いて、ジュエルは賢者の石で回復。

リッチーを出して山彦ルカナンでボスの守備力を下げます。

 

手下を呼ばれたら踊る宝石達のメダパニで混乱させます。

 

あとはゴレムスとピピンでボスを殴って第一形態撃破。

 

続いて第二形態。

星降る腕輪のジュエルが天空の剣で敵の自動マホカンタを解除して、リッチーが山彦ルカナン。

 

さて、ミルドラース第二形態は弱・中・強の3パターンありますが……、

敵の初手は打撃+灼熱の炎でした。

げっ、強パターンですか。大丈夫かなぁ……。

 

強パターンは1~2回行動で、打撃 → 灼熱の炎 → 凍てつく波動 → イオナズン → マホカンタ → 瞑想 のローテーションです。

天空の剣を持っているジュエルが賢者の石役なので、マホカンタを解除する暇があるかどうかがポイントですかね。

マホカンタを解除できないと以後はマホカンタを飛ばして次の行動を取るので、行動の周期が短くなって瞑想の頻度が増えたり攻撃が激しくなってしまいます。

 

リッチーは祝福の杖でゴレムスを回復しつつ山彦バギクロス。

 

バギクロスは与ダメにムラがあり、強い時は強いです。

 

ゴレムスはファイト一発を使ってから攻撃で削っていきます。

 

さすがの怪力。いいダメージです。

 

踊る宝石達には灼熱の炎やイオナズンが効かないので、ジュエルは賢者の石を使いながら天空の剣を使う余裕があり、リッチーがゴレムスに祝福の杖をちらほら使えば回復は間に合う様子でした。

そのまま攻撃を積み重ねて、

 

撃破しました。

いやぁ、3匹とも強いですね。連携もなかなかいい感じでした。

あとはエスタークを倒すのみです。

 

 

■クリア後

隠しダンジョンを逃げ進み、戦いのドラム、地獄のサーベル(ゴレムス用)、皆殺しの剣(ピピン用)を回収。

皆殺しの剣は守備力が0になる代わりに全体攻撃できる武器で、レベル上げに有用です。

破壊の鉄球は今回誰も装備できないのでスルー。

一旦脱出して、ゴレムスLv20まで稼ぎました。

 

ゴレムスはLv20で瞑想を習得。

これさえあればエスタークは何とかなります。

復活の玉を回収してエスタークの元へ。

 

レベル20のゴレムスが星降る腕輪を装備すると素早さ114。

丁度エスタークに先行が確定するので、HPが減っていたら瞑想すればとりあえず負けません。

あとは刃の鎧の反射だけでも勝てますが、せっかく踊る宝石が居るので一緒に戦います。

 

踊る宝石は素早さの種を2個ずつ使って素早さ113。

ジュエルは天空の剣を使って敵のマホカンタを解いてから賢者の石や戦いのドラムや妖精の剣、手が空いたらラリホーマや攻撃。

リッチーは山彦ラリホーマで敵の攻撃回数を激減させ、敵が眠っていたら祝福の杖や攻撃。

 

 

……という方針で、いざ勝負!

 

戦況を支えるのはリッチーの山彦ラリホーマ。

成功率はかなり高いです。

 

そして、壁兼アタッカーのゴレムスがどんどん削ります。

 

踊る宝石達も暇な時は攻撃参加。

(踊る宝石は戦いのドラムが乗っていても攻撃力が微妙なのでピピンや女の子を出した方がいいですが、忘れていました)

最後はジュエルが決めてくれました。

 

ラリホーマがよく効いてすんなり勝てました。

エスターク戦は踊る宝石がいると楽ですね。

 

 

■2週目あとがき

ドラゴンクエストV(SFC) ルーレットで使用キャラを決めてプレイ 2週目はこれにて終了です。

 

いやぁ、踊る宝石2匹が強すぎました。今回はとにかくそれに尽きます。

MVPは……うーん、どっちにしましょう。

冒険を通して主役っぽかったジュエル、終盤に山彦の帽子で活躍したリッチー、甲乙つけがたいです。

まあ種族ごとでいいですかね。踊る宝石がMVPということにします。

 

 

最終経験値はジュエルがトップで49万。主人公は46万。

最高レベルは主人公とマーリンのLv36でした。

ゴレムスの瞑想習得まで狩ったものの、かなり早かったです。

 

本来なら今回の鬼門は死の火山での仲間勧誘だったはずなんですが、縛り開始時期を遅らせて楽をしました。

そういう意味では縛りのガチさは前回より劣りますが、その点に目を瞑れば以後はスムーズに攻略できる素晴らしいメンバーでした。

 

 

//

今回はここまで。

次回もまた違った感じでエスタークまでやれそうな顔ぶれです。お楽しみに!

 

 


このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。

© 1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

(ドラゴンクエスト5の画像投稿に関するガイドラインに従ってこのように記載しています)

この記事を共有する

関連記事