日々失われていくレトロゲームの情報を記録するために馳せ参じました

Tunnels & Trolls カザンの戦士たち(98版)その13(完結)

Khazan’s Tomb Level2

クリスタルスカルを置いたら、そこはもう違うフロアであった。

それはO-4から部屋を出てみれば分かります

先へと進むと、マグマの池が待っていました。ここを渡って行かないといけないのです。

最短距離で歩きたいので、Fのラインを歩いていきましょう

歩くたびにダメージを受けてしまいますが、死人が出ても突っ切った方がいいでしょう。浮遊して進もうとしても熱気でダメージを受けるので同じことです。

F-15まで進むと燃えたぎる水晶がありました。このマグマを制御しているのでしょうか?この水晶を鎮めないといけないので、火に関係あるアイテムを探ってみます。

火ダメージを無効にするHeart of Fireがありました。これを中に入れればいいと思うんですが、手が大きすぎて穴に入りません。キャラメイク時に女性が必要と言ったのはこの為なんです。しかし何故かホビットの女性では無効になってしまうのでエルフの女性に任せましょう。

しばらく時間を潰してマグマが冷えたのを確認したら、今度はL-13にある部屋へ向かいます

この部屋では雪男との戦闘になってしまうので、倒して進みましょう。

何故か水中での戦闘となるので防具は外しておくように

倒した後はC-3にある部屋に飛びます

この部屋には何もない。枯れた植物がまばら見受けられるのみ。

近くにいる亡霊はこの場所が不毛の地になっていることを嘆いているようです。

ここを緑豊かな場所にするには何をすればいいのか?

まず地面に水を撒いてみましょうか。野草たちは少し生気を取り戻したようですが

まだ何か足りない。それは春の訪れを知らせるそよ風らしい

風を吹かせるアイテム・・・Bag of Windsでしょうか?

そよ風を呼ぶと、北、南、西、東の順に風が吹き始めます。

違う方角の風の場合はエアエレメンタルとの戦闘になるので東のそよ風を待つべし

東のそよ風が吹きました。草木も成長を始めたようです。

そして風に語り掛ける言葉・・・レロトラーの部屋で見つけたあの言葉です

キーワードを入れると最終フロアへと進みます。

Khazan’s Tomb Level3

ついにやってきました最終フロア。ここにカザンが眠っているのです。

最後なので気合を入れていきましょう

F-3から始まるこの部屋は緑で埋まっていました。

東のそよ風が草木を成長させてくれたのですね。すると野生の牛がこちらへと向かってきます。あれ?金色のヒズメを持つ牛って確か以前聞いたことがあるような?

思い出した。ユニコーンと一緒にいたあの子牛から聞いた名前

それを告げたところ、この牛の大群はカザンの兵士達であることが判明しました。

休戦協定を結ぶ際に魔術師カザンは自ら姿を消したという話でしたが、どうやら事実はレロトラーによってここに閉じ込められたってのが真相でしょうね。

次はE-9からE-15までの通路を歩いていく事になります。ここは曲がり角に罠が仕掛けてあり、ランタンなどで灯りを付けていた場合燃え上ってダメージを食らう事になってしまいます。M字型の通路でそんなに複雑ではないので暗闇のまま進むのもアリでしょう。

残るはN-4にある胸像の部屋。ここまでくればクリアは目前。

この胸像には穴が3箇所開いています。残るアイテムはDemon’s Eyeのみ。

悪魔の目を胸像に嵌めればいいのですが、場所はどこなのでしょう?

うーむ、右か?左か?それとも額か?

ここは特にヒントらしきものも無かったはず、直感でいけという事でしょうか?

この部屋をよく調べてみると、3方の壁にはムラニ族の顔が浮き出てきます。

しかしこの3名、言う事がバラバラである。ますます混乱してきた

金色のヒズメを持つ牛と会った時、別れ際にこんな話をしていたのを思い出した。

1名は正直者、1名は嘘つき、1名は自分のしたい事を言うのか。

という事は、西と南は互いに反することを言っているので西の顔が嘘つき、南の顔が正直者というのは分かる。最後の彼らの好みに合う事ってのは何だろうか?

このムラニ族たちはなぜここに居るのか?そしてカザンをこの先に閉じ込めたのは誰か?という事を考えると答えが見えてくるはずです

この仕掛けはきっとレロトラーたちが作ったに違いありません。

という事はムラニ族はこの先に進むのを邪魔しているという事になります。

左目でもないし右目でもない。となると残るは1箇所のみという事になりますね

最後の部屋に到達しました。あそこに見えるのが魔術師カザンに違いありません。

本来の持ち主にカザンの杖を返してやりましょう。

言い忘れていましたが、このカザンの杖は道具で使うとしゃべりだすのです。

しかしロクな事は言わないので放っておいたのですが、どうもカザンの身体には生気が感じられないようです。死んでいるわけでは無いようですが・・・

もうアイテムは使ってしまった。残っているのは失われた島の名前だけ

6つの島の名前だけ・・・

カザンの周囲には色違いの床が6箇所あります。ここでキーワードを入れればOK

順番と方角はもう分かってますね?

キマシタワー

ついに大魔術師カザンのお目覚めであります

これで平和がもたらされたのだ。

いや~終った終った

昔のPCゲームには良くあったのですが、画面の写真や終了時のキーワードを送ると終了認定証がもらえたのです。それだけ難しいという訳なんですけども、このゲームに関しては一体何名の人が認定証を貰えたんでしょうかね?

この後は経験値を貰ってガルの町へと帰ってきます。今回はクリアに必要なイベントだけ書いたのですが、それでも全体の3割ほどしか紹介出来てないと思います。

フィールドマップA1~4までは難易度からいってクリア後にこなすイベントも用意されていますし、やり残したイベントをこなすというのもいいでしょう

このゲームほどTRPGを体験できるというのは他に知りません。

GMの語り、取る行動によって変わる結末などは非常によくできていると思います。

難易度が高いと言っている人は恐らくテキストを流し読みしているせいだと思います。よく読めば何をすればいいのか、必要な能力は何かというのが分かるようになってます。

しかしこの後に似たゲームがそんなに出てこなかったという事は、あまり好評ではなかったようですね・・・

     Tunnels & Trolls  カザンの戦士たち

              ~  完  ~

この記事を共有する

関連記事

コメント

  1. みみお

    お疲れさまでした!
    複雑なゲームで読み応えがありました。テキストも雰囲気があってよかったです。こういうTRPG風やテキストベースのゲームは想像力が掻き立てられますね。
    私は途中で諦めてしまいましたがZORKやクォータースタッフとかもぜひ遊んでみてほしいです。

  2. ごましおサウルス

    ありがとうございます。
    クォータースタッフは地味ですよね~