レトロゲーム(主にSFC)と、パソコンのフリーゲーム(ふりーむ!、フリーゲーム夢現など)をよくプレイします。RPGが好きです。

タクティクスオウガ(SFC) 各種族1キャラプレイ part.3

タクティクスオウガ 各種族1キャラ人間は主人公のみ(+ゲストキャラ))でのプレイ、第三回です。

今回は1章の終盤から。

 

現在のメンバー

主人公Lv6、カノープスLv6、スケルトンLv5、ゴーストLv6

 

 

 

スケルトンは人間と比べて戦力がやや劣り、アンデッドの自動復活という利点はあるものの倒されやすくて何とも言えないキャラです。

一応やや身軽ではあるのでオーブで固めれば回避も期待できますが、寄り道やトレーニングのレベルアップを自重しているので実戦で育成するために火力も欲しいところ。

装備枠が悩ましいです。

 

ゾード湿原

敵リーダーはLv7、他はこちらのLvが低いのでLv6でした。

ここはグリフォンとリザードマンが出現します。

このマップのグリフォンは特殊なので仲間になりませんが、リザードマンは仲間になるので説得します。

リーダーもしくはグリフォンがHP20以下になると終わってしまうので要注意。

グリフォンはウインドショットを覚えていないので、それほど怖くはないです。

(ウインドショットは属性攻撃なので、もし使えた場合はゴーストが大ダメージを受けます)

 

いきなりごちゃごちゃの乱戦に。リザードマンが固くてなかなか削れません。

とりあえずこの状況から主人公がリザードマンの隣に移動して説得を試みたら、

 

あっさり仲間になりました。

あとは死なせないように進めつつ、スケルトンのLvアップが狙えたら理想的です。

 

 

スケルトンが倒されて経験値0に戻らないよう、地形とカノープスでガード。

あとは適当に戦ってスケルトンが上がればいいや、と思っていたら、

どうしてこうなった

説得したばかりのリザードマンが勝手にボスに突撃し、反撃に加えてボスからも攻撃されてHPがなくなって涙目で逃げ出しました。

他キャラで追いかけてキュアリーフを使いたいのですが、届きません。

(すぐにカノープスで追いかけていれば良かったものを……。スケルトン庇いながら手前の敵を倒してる場合じゃないですね)

この後カチュアのヒーリングで一発耐える体力までは回復したものの、かなり危険な状況に。

 

もしリザードマンが瀕死になったら他の敵も急にリザードマンを狙う可能性も考えられるので、稼ぎを続行するのは危険と判断して、やや削れていたグリフォンのHPを20以下にして戦闘終了。

敵が残っていて勿体なかったですが、とりあえず目標は無事に達成したので良しとします。

 

スケルトンLv5→6。

リザードマン(Lv6)加入

 

リザードマンは単体では普通の性能ですが、その普通の戦力がこのプレイでは貴重です。

竜玉石があると強化されるらしいですが、このプレイ条件で入手できる可能性は低いです。

(……と書きましたが4章で1つは拾えるみたいです)

 

バルマムッサの町(1戦目)

1章ラストの連戦。1戦目は楽なマップですが、連戦なのでHPを減らさずに勝ちたいところです。

こちらのLvが低いので敵は全員Lv6でした。カチュア以外は同LvなのでLv的にも楽です。

 

何よりこの高低差。 

 

画面の外まで弓が届きます。こちらが上側で良かったですね。

 

……と油断していたところ、あっという間に敵がわらわら登ってきて乱戦に。

 

すぐにヴァイスが撤退。

こちらの人数が少ないので敵がなかなか減らず、通常プレイのような一方的な展開にはなりませんでした。

とは言ってもアンデッド組が倒されるほどではなく、順調に撃破。

 

トレーニングマップではないので埋もれた財宝を今の内に回収。残念ながらハズレ。

 

リセットは今のところ自重しているので、これで我慢します。

 

経験値の遅れが気になっていたので、カノープスで敵を倒しまくってLvを上げつつMVPで更に+1。

 

カノープスLv6→8

次戦がちょっとした山場なのに敵のLv上げて大丈夫なんですかね……?

回復アイテムを補充して連戦後半(Cルート)へ。

(※このプレイ条件ならLルートの方が楽ですが今回はあえてCを選んでいます)

 

バルマムッサの町(2戦目)

さあ本番。敵Lv7~8。

数も多いし全員倒さなきゃいけないのもなかなか大変ですが……、

 

何よりこの高低差。

敵はこれよりもずっと上にいます。

弓を射程外から打ってくるようなことはありませんが、こちらの弓が届きづらいので不利です。

 

敵が全然減らないままアンデッド組が壊滅。

 

この人数の攻撃をまともに食らったらヤバいですが、この直後にスケルトンが起き上がってくれて助かりました。

 

それから再びスケルトンが倒され、次は誰が狙われるかという状況で、

 

ゲストのカチュアが攻撃2連発を浴びて撤退。

ヒーラーが居なくなって更に危険な状況に。

(ヒーリングはアンデッドに効かないので全然役に立っていなかったなんて言えない)

 

Lv8カノープスを中心とした集中砲火で地道に敵を減らし、残りアーチャー2とウィザードとウィッチまで減らしたところでまたアンデッド組が復活。

 

起きたそばからまたえらい勢いで削られましたが、倒されても復活できるのがアンデッドの強み。

人数も逆転して順調に進行し、ウィザードを倒して重要装備を回収。

 

50ヒールが使い放題の近接武器。アンデッドも回復できるのでお世話になります。

 

 

敵が減ってきたらアンデッド組でとどめを刺してレベル上げ。

 

……って、Lv上がらなかった。Lv7の敵が混ざっているのを忘れていました。

もう敵がウィッチだけで安全なので、仲間を攻撃してスケルトンのレベルを上げきります。

 

最後に残った敵ウィッチLv8をゴーストで倒して一発レベルアップでフィニッシュ。

アンデッド組のレベルが上がったので次戦で心おきなく壁になれます。

(アンデッドの自動復活は経験値が0になるので、戦闘終了前にレベルを上げています)

 

主人公Lv6→7、リザードマンLv6→7、スケルトンLv6→7、ゴーストLv6→7

カノープスはLv8のまま、とどめを仲間に譲ったのでMVPなし。

何だかんだで適正レベルに追いついて1章を終えることができました。

戦力差を覆せたのは主にアンデッドのお陰です。自動復活は強いですね。

 

ホッとひと息つく暇もなく、2章は開幕から危険な戦いです。

 

2章(Cルート)

まずは回復アイテムのキュアシードが買えるようになったので購入。

 

ゴーストは両手盾にして回復の杖はスケルトンに持たせたいところですが、次のステージは敵の弓が激しいので回復力重視でこうしてみました。

カノープスとリザードマンはグレートボウとキュアシードです。

 

先にトレーニングで財宝の回収。オーブは引けませんでした。

(初期LUKでオーブの可能性がない財宝はどれも未回収です)

 

港町アシュトン

 

ボスのアロセールの弓が強烈なステージ。ホークマン達の弓もあるので危険です。

ホークマンは勧誘したいですが、説得の成功率のためにHPを削ると仲間にした直後に殺されそうなので、どうしたものやら。

ホークマンは次やその次のステージにもいるので、ここでは無理をしないことにします。

 

 

とりあえず開幕アロセールより早いキャラは弓の射程外でやり過ごしてから行動開始。

すぐに中央付近で全軍激突となり、狙われやすいアンデッド組が集中砲火を浴びます。 

キュアシードを使っても持ちこたえられず、間もなくしてアンデッド組が壊滅。

  

ヤバいです。敵の数が全然減ってない……。

カノープスとリザードマンの弓が計3回くらい外れたのが痛かったです。

グレートボウが重すぎたかな?

 

これは全滅する前にボスに特攻するしかないのかなと思っても、

 

アロセールは奥に逃げてしまい、集中砲火もできない状況に。

仕方ないので雑魚敵を地道に減らすことに。

  

それから主人公、カノープス、カチュアがそれぞれ少しずつ狙われ、分散してくれたおかげで何とか凌いで、そうこうしている間にアンデッドが復活。

 

そうして夢中で戦っている内に、とうとう……

 

形勢逆転。あとはボスを倒すだけです。

 

な ぜ 勝 て た

 

押されていた時は「これは全滅だなー」と思っていたんですが、回復アイテムとアンデッドの持久力で戦況がひっくり返りました。

撮り損ねましたが主人公が致死ダメージを回避した場面もあったので、運も良かったです。

 

 

主人公Lv7→8、リザードマンLv7→8

カノープスのLvアップ寸前で終わってしまいました。

クリアランス(カチュア用)も取り損ねたみたいです。

 

今回はここまで。

先が思いやられるので「寄り道いつ解禁しようかなぁ」とか早くも考えていますが、とりあえず2章は現状維持でいけたらいいなと思っています。

 

ホークマンを仲間にせずに倒してしまったので、次回こそは説得します。

この記事を共有する

関連記事