成人済/腐 @gal_erogame 90年代のギャルゲと同人エロゲ(主にこっち)のプレイ日記。 ※18禁画像は掲載しません※ 腐属性持ちのため、プレイ中に男性同士の恋愛描写があるとそちらに対しても記載します。

バージン・ロード 第3回

ソフィー登場後の11ターン目からの続き。

12ターン(建築):風車小屋1、職人街1、教会2、売春宿1、露店市1を建てて終了。ここから都へ発展(人口500人以上)するために建てていきます。

12ターン(内政):商人はまだスルー。冒頭でエレミーヌが懐妊しましたが彼女の改宗が他の女の子の登場条件の一つになるので「改宗させる」を選びます。エレミーヌ攻略完了

あとは「懺悔をきく」「婚姻を仲立する」でソフィーの「初夜権」行使の準備をします。3回目は「審問官を育成する」で戦力を増やします。

13ターン(建築):民家6でも建てておきますか…

13ターン(内政):風車小屋が無事に3箇所建築されたので、冒頭でソフィーが結婚しました。あとはいつものパターンです。彼女は懺悔の内容が内容なので、若干の抵抗で受け入れてくれますが、懺悔内容は駄目でしょ…

そのあとは「説教におもむく」を2回でソフィーを懐妊。そのあともう1回「説教におもむく」で街になってからの最初の花嫁を登場させました。

ここから女の子が複数同時に登場しやすいので気をつけてプレイします。

※同時進行はバグの元になりやすい※

「職人ギルド代表リタ」交渉能力に優れているしっかりした女の子ですが、彼女が選んだ相手は戦争で両足を失った靴職人の幼馴染…とてもいい子です。

この子の婚姻条件は職人街4なのであと1箇所必要ですね。

14ターン(建築):職人街1と監視塔2、あと特産品を利用して商会2を建てて二人の女の子の準備をします。

14ターン(内政):冒頭でソフィーが懐妊したようなので「アリアの玩具にする」を選びます。ソフィー攻略完了

「懺悔をきく」「婚姻を仲立する」でリタの条件を整えて、「審問官を育成する」パターン化してますがやることもないので…

15ターン(建築):なんとなく商会1と教会1、民家4を建てて終了。

15ターン(内政):冒頭でリタが結婚以下略。ペンを持ったままですがそんなことは些細なことです。夫が病気がちなこともあり、祝福を受けるために「初夜権」でも協力的に動いてくれます(物理的な意味で)。

さて「説教におもむく」2回でリタを懐妊させ、司教に悪い噂が広まっているようですが気にせず進行させ、教会が建築済なので「傭兵をあつめる」で次の花嫁を登場させます。

「没落貴族レイモント伯」家名復興のために頑張っている元伯爵。司教の下衆な視線に舌打ちをして去っていきます。クールな女性です。

婚姻条件は商会2の建築で条件は満たしているのでさっと進めていきます。

16ターン(建築):人口を増やすため教会1と民家2、露店市1を建てました。

16ターン(内政):リタが懐妊したので「アリアの玩具にする」で遊んでおきました。リタ攻略完了

あとは「懺悔をきく」「婚姻の仲立する」でレイモント伯の条件を整えて、「審問官を育成する」で終了。

17ターン(建築):とりあえず様子見で柵だけ建てて終了。

17ターン(内政):冒頭でアリアとのイベントがありました。順調と言うこと?

そしてレイモント伯が結婚以下略。(スクショ忘れたので別プレイで撮影/痛恨のミス2回目)たまに出る彼女の男勝りな言葉遣いが好きです。ゲームには関係ないです。

さて「説教におもむく」2回でレイモント伯を懐妊させ、「異教徒狩りを行う」で花嫁を登場させました。

「修道女長腹心グレーテル」異教徒狩りよりも娼婦を狩るように訴えて来ました。一人称がオレ、のレイモント伯よりも男勝りな女性です。鞭は飾りです。

婚姻条件は教会が3箇所…なので条件は満たしているのでどんどん進めます。


18ターン(建築):貿易品を利用して学校2を建築。次の段階へ進むために人口を増やすべく民家2もついでに建てておきました。

現在の街並みはこんな感じ。混沌としている……


18ターン(内政):街から都へと発展しました。レイモント伯が懐妊したようなので。今回は別の女の子を登場させるため「改宗させる」を選択。レイモント伯攻略完了

あとはお馴染みの「懺悔をきく」「婚姻の仲立ちをする」でグレーテルの条件を整えて、「審問官を育てる」で終了。

19ターン(建築):都には個人的に最難関の花嫁がいるので、そちらに注意しつつ、鉄工品を利用して兵舎2、聖書を利用して大聖堂1、貿易品を利用して城1を建築しました。

豪華王EDに進む可能性もあるので建築する際は気を付けていきます。

19ターン(内政):冒頭にグレーテルが結婚しました。鞭を持ったまま誓われる夫はどんなMなのでしょうかね。彼女は一応懺悔室にいるのが司教だと分かっていたようで、「初夜権」の行使前に「信じたオレが馬鹿だった!」って悔やむ姿が可哀想だけど仕方ない。

今回も「説教におもむく」を2回行いグレーテルを懐妊させて、「十分の一税を布告」して新しい花嫁を登場させます。

「大商人の娘カルティエ」リーブラ商会直系の孫娘である彼女は、不要な税の徴収には断固反対の意思を見せ、登場時から既に悪徳司教のことを疑って来ています。「まさかリーブラ商会が出て来るとは…」という台詞がありますが、特に妨げになるわけでもなく他の女の子と同じように「初夜権」を行使します。

婚姻条件は関所が4箇所…次のターンで関所を2箇所解体した痛恨のミスを犯しました。

20ターン(建築):とりあえずカルティエが攻略完了するまでは身動きが取れないので、関所を撤去して学校1、大聖堂1、民家4をとあと柵や監視塔を空いた場所に建てておきました。

20ターン(内政):冒頭でグレーテルが懐妊しましたが彼女の改宗も他の女の子の登場条件の一つになるので「改宗させる」を選びます。グレーテル攻略完了

「懺悔をきく」でカルティエの懺悔をきき(あんなに疑っていて、司教が懺悔を聞いていると思わないんだろうか…)「婚姻を仲立する」で婚姻条件も確認しておきました。

最後はいつも通り、審問官を増やしたいところですが新しい女の子を登場させるわけにはいかないので「守門をつのる」で門衛を増やしました。

と、いうことで第4回に続く…そろそろ終盤かな。

この記事を共有する

関連記事