成人済/腐 @gal_erogame 90年代のギャルゲと同人エロゲ(主にこっち)のプレイ日記。 ※18禁画像は掲載しません※ 腐属性持ちのため、プレイ中に男性同士の恋愛描写があるとそちらに対しても記載します。

マッドプリンセス ~華麗なる闘士たち~ 第6回

剣闘士杯も無事に優勝した続き。

刀闘士杯(23日~27日)

海賊達には悪いですが、ミナミは刀闘士杯へ参加しないといけないので一旦外へ出ることにします。借金も返せそうなので帝都へ行く前に「ルシャリア養成所」へ寄ることに。

養成所で大きい槍を持った女の子、イリスと出会いました。

どうやら「一撃のミナミ」の名前がだんだん広まっているようです(いつも一撃で倒せないからちょっと恥ずかしい)

「なかなか良い腕前ね」と褒められたので素直に「ありがとう」と返しておきます。

彼女はレンカの知り合いでおなじ森の民のようです。今日は養成所に入所した彼女を見に来たらしく、一言二言の話をしたあとにイリスは森の民の砦へ帰って行きました。

その後は仲間達に贈物を渡して「執務室」で借金の返済をします。30000G返済が完了したので褒美に早馬をいただきました。これで調教馬よりもさらにフィールドの移動時間が短縮されますね。

馬ももらったので外へ出るとガーデニングをしているおばあさんから「ラッキークローバー」をもらいました。贈物用かな?

アイテム欄が圧迫してきたので、「帝国都市カエティナ」に行ったついでにアイテムを売りに行きます。

さて準備が整ったので刀に持ち替えて大会へ参加…と思いましたが、刀の攻撃力8しかないので、また二日程刀を探しにダンジョンへ行くことにしました。

でもその前に久し振りに装備ガチャをしに「商店街」へ行きます。監獄内では500Gだったガチャがいつの間にか2292Gになっていました。なんというぼっ…

とりあえず「宿屋」の馬小屋で眠ってセーブをしてチャレンジします。今の刀より攻撃力の高い刀が出てくれると嬉しいのですが。

ロード!!!

「帝国養成所」へ行くとクララがいました。

弟子のアンリが修行でダンジョンへ行っているため、代わりにアカデミーのジェルビンに荷物を届けてほしいと頼まれます。女性からの頼み事なので「わかりました」と引き受けると「素直ね。私の弟子にしたいくらいだわ」と喜ばれました。

その後、帝国養成所から出ようとするとグレンが来て、アンリへの訓練が過酷なのではないかと苦言を呈していました。

しかし、「安全が約束されている戦いに一体何の意味があるというのかしら…」と呟くクララ。彼女もなにか抱えているものがあるんでしょうか?

さて、大通りに一度戻り、クララに頼まれていた荷物をアカデミーへ届けに行きます。

アカデミー内部でホーマーに再会しました。彼は執政官ファーガスの息子で、その権力を振りかざしている帝国ですこぶる評判の悪い貴族のようです。厄介事は避けたかったのですがジェルビンへ届ける荷物を「怪しい」と彼に奪われてしまいそうになります。

そこで、ホーマーとおなじ制服を着た青年・クロードが止めてくれました。どうやら彼はホーマーの弟のようで、ホーマーのことをはっきりと「出来の悪い兄」と言い切り、兄弟仲はあまり良くないようです。

ミナミの持つ包みがクララからジェルビンへ渡すものだとクロードは知っていたので、彼に預けて外に出ました。

再び、「宿屋」でセーブをして、装備ガチャをしました。今回はまだ未所持だった大剣(攻36)だったのでロードせずに先へ進みます。

一応、報告が必要か分かりませんが「帝国養成所」へクララに会いに行きます。

ちょうどよく彼女に会いましたが、「アンリに会いに来たの?」と聞かれたので「あなたに会いに来た」と答えました。「私が本気にしたらどうするつもり?」と言われましたが、好感度が上がったので正しかったのでしょう。

アンリはどうやら「遺跡」で訓練をしているようです。遺跡に行けばアンリに会えるかもしれないので、今から行ってみることにします。

帝都からは早馬を使っても4時間かかります。まあ、刀闘士杯はまだあと3日あるのでアンリに会いに行くことにしましょう。ついでに刀も拾いたい(願望)

「遺跡」に到着するとアンリが獣と戦っていました。しかし、大分苦戦しているようなので当然「加勢」します。フライフィッシュx5と戦闘になりますが、「乱れ射ち」と通常攻撃で撃破しました。すると、アンリは「手出し無用よ!でもありがとう」と好感度が上がりました。その後、彼女は次の修行場所「魔女の森」へ行ってしまいました。

ミナミには刀を入手する目的もありますので、アンリを追いかけずに遺跡の内部を探索します。

キター!!!ということで遺跡6Fで刀を拾いましたので、進行度が中途半端ですが外へ出ることにしました。

なんとなく「ルシャリア養成所」で一休みをしてから帝都へ向かいます。養成所で何人かの好感度を上げましたが、ルシャリアは好感度キャップがあって、彼女のイベントをクリアしないと500以上は上がらないようです。仕方がない

「訓練場」で「受け身」を☆10(MAX)にしたので次は「防御極意伝授」で味方全員の受けるダメージを軽減させていきます。(自分も含まれているんだよな…?)

さて「宿舎」でHPと闘魂をMAXまで回復したので「帝国都市カエティナ」へ戻ります。到着が23時だったのですでに闘技場も開いてないし…ということでキャラクターと交流をします。

交流していたら10時になってしまったので急いで「闘技場」へ。攻撃力が上がったおかげで難なく2位まで上り詰めることができましたが、1位の「剣豪モモミ」にあと一歩がなかなか勝てず…

あと2日しかないのでどうしようと思いつつ、お金もあるので装備ガチャをすることに。槍(攻30)が手に入ったので交換して強化しておきました。その次はドブです。

3回程ガチャガチャして「弱点突破」スキル付の兜が手に入ったので装備します。これでどうなることやら…ただ、時間が18時を過ぎてしまったため、翌日に持ち越しです。

帝都から2時間程で着く「北の洞窟」で宝箱を探します。途中で依頼の期限が切れたため人気が5も下がりました(ペナルティがある!!)

とりあえず今回は「宿屋」のプレミアムで眠り、なるべく短時間で闘魂を半分まで回復させて、「闘技場」へ行きます。

兜の装備を変更したのがよかったのが、なんとか1位で終わりました。残りの時間は何をしようかと「相談」をしたらレンカがアンリの話をしていたので、「魔女の沼」へ会いに行くことにします。

闘技場を出るとクロードに声をかけられました。まるで初対面のような口振りでしたが、彼と自己紹介をして帝国アカデミーへ行けるようになりました。荷物を届けた頃は知名度もなかったので、これでようやく貴族の目に留まる程度には名が知れてきたのでしょうか。

選べるようになったのでさっそく「帝国アカデミー」へ行きます。

アカデミーに着くとクロードが歓迎をしてくれましたので、そのまま一緒に彼の研究室へついて行きます。クロードの研究室でジェルビンと血まみれの女の子と会いました。

ジェルビンは牢獄時代にお世話になった(?)ベラの弟でした。ところで「左にいる女の子は?」と尋ねると、「彼女は、マッドプリンセスの実験体さ」と教えてくれます。マッドプリンセスとは、帝国の闘技場で名を馳せた女闘士の呼び名のようです。クロードとジェルビンはそのマッドプリンセスを人工的に創り出すための実験を行っていました。

ゲームのタイトル名的に大分重要っぽい会話のあとに「分かっていると思うが、今日見たことは誰にも話すな。口外すれば、お前の命はないと思え」とクロードに脅されましたのでとりあえず了承しておきます。しかし、今日会ったばかりの人間を信用しすぎでは…?

「研究室」を出て「教場」や「売店」を覗いてから、帝都の外へ出て「魔女の沼」へ向かいます。帝都からは6時間かかるので一旦「ルシャリア養成所」へ寄ってから沼へ行くことにしました。

道中でジェルビンが獣に襲われていたので「助ける」を選んでウサギx2を倒します。たかがウサギ、されどウサギ。ジェルビンは獣の死骸からサンプルを採取している最中に襲われたようです。

入手した獣の部位をアカデミーの研究室で通常よりも高額で売却できるようになりました。

養成所に到着後、「宿舎」で一休みをしてから沼へ行きます。

アンリが獣と戦っていたのでまた「手助けする」ことにします。カラスx4を倒すとアンリから「私の訓練なんだから、貴方が手を出したら意味がない」と怒られましたが「その気持ちは嬉しい。ありがとう」とお礼を言われ好感度が上がりました。この子本当にいい子だな

アンリは「この過酷な訓練が終わったら、ミナミと旅がしてみたい」とすこしだけ照れ臭そうに話したあと、次の訓練先の「北の洞窟」へ足早に行ってしまいました。

今回もアンリは追いかけずに「魔女の沼」で宝箱探しをすることにします。アイテム欄がいっぱいになってきたのでほどほどのところで外に出て、「帝国都市カエティナ」へ戻ることにしました。

「帝都アカデミー」へ行って獣の素材を売却します。

やることもないので「北の洞窟」でアンリに会いに行きました。

すると、ゴロツキに絡まれているアンリを発見したので今回も「手助けする」を選びましたが、助けに入る前に「突っ立てないで、早く手を貸して!」と言われますので、どうやらゴロツキは訓練の一環ではないようです。ゴロツキx3との戦闘後にアンリはクララへ訓練の報告するために帝都へ帰りました。

戦闘はアンリが思った以上にダメージを食らうため、死なないように木の実を200個程使用しました…(またみんなからもらわなきゃ)

「北の洞窟」は今は潜っても意味がないのでミナミも帝都へ戻ることにします。

帝都に行き、「帝国養成所」へ行くとクララに訓練の成果を報告をしていました。クララの訓練は死者が出ることもある過酷なものですが、アンリは無事に最後までやり遂げることができたみたいです。

「あなたがいなかったら、この訓練も最後までやり遂げられなかった」と言うアンリに「これからも応援している」とエールを送ります。その後、クララから許可をもらったアンリと一緒に行動できるようになりました。

帝国養成所を出てから色々とうろうろしていると、いつものように二人が登場して刀闘士杯の結果を教えてくれます。今回もなんとか優勝できたので、また「一撃のミナミ」の知名度が上がりました。

さて、次は一番大好きな武器である「弓」のみを扱った弓闘士杯が開催されます。弓は運試しもできますので今回は積極的に試合で使っていくことにします。ということで、次回。

この記事を共有する

関連記事