レトロゲーム(主にSFC)と、パソコンのフリーゲーム(ふりーむ!、フリーゲーム夢現など)をプレイします。RPGが好きです。

ドラゴンクエストV(SFC) ルーレットで使用キャラを決めてプレイ 3週目-後編

スーパーファミコン版ドラクエ5を、ルーレットで使用キャラを決めてプレイします。

今回は3週目の後編、ミルドラース撃破後からです。

魔界の仲間を勧誘してエスタークに挑みます。

 

 

■現在の状況

3週目のメンバーは

スライム、グレイトドラゴン、ビックアイ、主人公、

女の子、ギガンテス、ヘルバトラー、ケンタラウス

です。

 

前編では主人公が安定した実力で皆を引っ張り、

スラリンは多彩な呪文であれこれ活躍してくれて、

ガンドフは早々に頭打ちになるキャラながらも表ボス撃破までパーティーを支え、

女の子はすくすく育ってしっかりサポートをこなし、

ケンタスはまだまだ発展途上ながらもアタッカーとしての実力を見せてくれました。

 

 

後編はミルドラース撃破後から。

他にルーレットで選ばれたグレイトドラゴン、ギガンテス、ヘルバトラーは未勧誘です。

 

エスタークと戦うにはまだまだ実力不足。

しかも1週目のようにベホマラーやベホマズンを覚えるキャラはいませんし、2週目のように山彦ラリホーマに頼ることもできません。

 

とりあえず魔界のフィールド上で仲間を勧誘できるレベルにはなっているので、まずはグレイトドラゴンを狙いながら狩ってレベルを上げます。

 

 

3週目のルールは

・スラリン勧誘時から縛り開始

・裏ボス撃破までやる

・カジノは保留

・裏技は「偽太后と城外で戦う」を使用、「マドハンド放置狩り」を許可、他はナシ

です。

 

  

■3週目・後編開始

魔界のモンスターを勧誘する前に、隠しダンジョンのアイテムを回収します。

道中は主人公に星降る腕輪と命のリングを装備させて、妖精の剣を使って守備力を上げて逃げ。

敵の編成次第では即逃げします。

復活の杖を持っているので、全滅さえしなければ移動中に立て直せます。

 

光の盾、戦いのドラム、皆殺しの剣、エルフの飲み薬、メタルキング鎧、破壊の鉄球を回収。

復活の玉はうっかり消費しないように今は回収しませんでした。

 

 

さて、次のミッションはジャハンナ周辺でグレイトドラゴンの勧誘。

起き上がる確率は1/64とかなり低いですが、グレイトドラゴンは属性耐性が優秀なので優先的に勧誘します。

 

主人公が破壊の鉄球で全体攻撃できるので、雑魚戦は戦いのドラム+破壊の鉄球でガンガン攻めます。

ケンタスも吹雪の剣で参戦。

星降る腕輪を装備してのドラム役はとりあえずガンドフにやってもらいます。

 

戦いのドラム+破壊の鉄球の連携は非常に強力で、この辺りの敵は1~2ターンで沈みます。

ホークブリザードのザラキが怖いですが、エルフのお守りを皆に持たせているので即死確率は大幅に下がっています。

 

女の子がLv36でイオナズンを習得。

ケンタスと交代して山彦イオナズンで参戦してもらいました。

ホークブリザード、グレイトドラゴン、メタルドラゴン等を一掃できるので狩りが安定します。

 

幸せの帽子を外して山彦の帽子を装備するので宿屋にそこそこの頻度で泊まることになりますが、無事故で狩れるので精神的に楽です。

 

敵をどんどん倒してレベルが上がり、ケンタスは経験値31万でバイキルト、経験値39万でベホマを習得。

 

ベホマ習得がこんなに遅いキャラが他にいるでしょうか?

男の子だったらベホマとフバーハとザオリクとベホマラーまで、この半分の経験値で覚えます。

ケンタスも経験値50万でフバーハは覚えますが、ザオリクとベホマラーは永遠に覚えません。

必ず仲間になる男の子と役割がかぶっていてこのように比較されてしまうのがケンタスの辛いところです。

 

 

主人公がレベル40になってHP300を超えた頃に、ついにモンスターが起き上がりました。

 

……って違う、キミじゃない。

MPが70までしか伸びないベホマラー使いですか。

このプレイでは歓迎したいところですが、今回のルーレットで選ばれたキャラではありません。

 

そして、もうしばらく狩ってグレイトドラゴンを倒したところで、

 

……あー、そっちが来ましたか。

未回収の宝箱と合わせて2つ目ですね。

持っているキャラが死んだ時に即座に復活してくれる消費アイテムです。

適切なキャラに持たせておけば勝率を上げてくれるでしょう。ありがたや。

 

 

そしてケンタスが経験値50万に達してフバーハを習得。

今作(SFC版)のフバーハは、戦闘に出ている3キャラのブレス系の被ダメージを50%カットです。

エスタークは灼熱の炎と輝く息をよく使うので、フバーハがあると大抵のキャラはだいぶ助かります。

例外として、炎も冷気も無効なキャラにはフバーハをかける意味がありません。今狙っているグレイトドラゴンは炎も冷気も無効です。

よって、属性耐性に優れたグレイトドラゴンは賢者の石役として頼りたいものの、フバーハを使うターンには主人公・ケンタス・女の子を出したいというのが今回のパーティーのジレンマとなるでしょう。

一度に3キャラしか出せないSFC版らしい悩みですね。

 

 

//

主人公の素早さが育ってきてガンドフの先行ドラムが安定しなくなったので、星降るドラム役をスラリンにチェンジ。

ガンドフはHP200止まりでとっくにレベルカンストしているので、もう戦わずに移動中の回復だけ手伝う感じになりそうです。

 

しばらく戦い続けて、ケンタスはレベル37でエスターク先行安定の素早さを確保しました。

 

結構育ちましたね。

HPは主人公をすっかり抜いてトップに躍り出ています。

なかなか頼もしいじゃないですか。

素早さが十分育ったので、星降るドラム役をスラリンと交代しました。

 

スラリンはいまだにHP214で、エスターク戦はよほど鍛えない限り厳しそうです。

序盤から活躍していたスラリンやガンドフが前線を退いていって、世代交代の波が押し寄せています。

 

そんな流れの中で、期待の新人グレイトドラゴンが起き上がりました。

 

名前はシーザー

初期ステータスはこんな感じです。

 

炎と冷気に完全耐性があるので、このままミルドラース戦に出しても問題なさそうなくらい強いです。

このままエスターク戦にも出せないことはないですが、自分は心配性なのでちょっと怖いです。

 

 

シーザーを少し鍛えようと狩っていると、ギガンテスがすんなり起き上がりました。 

 

こちらは特技も属性耐性もない脳筋です。

HP・力・素早さの伸びは非常に良いですが……うーん。。

 

 

さて、他にルーレットで選ばれたキャラは、1/256でしか仲間にならないヘルバトラーのみですか。

隠しダンジョンで狩ってみたものの、ヘルバトラーとろくに遭遇もできないままシーザーが目標ラインであるHP300に到達。

 

エスターク戦といえばHP300台というイメージが何となくあってつい狩りましたが、炎も冷気も効かないシーザーはそこまで育てなくても良かったですね。

育てれば輝く息や灼熱の炎を覚える凶悪なキャラですが、このプレイではもう十分でしょう。

 

 

素早さの種で主人公と女の子の素早さ114を確保。

命の木の実と守りの種を女の子に。

力の種と不思議な木の実をケンタスに。

 

うーん、どうなんでしょう。

HPは結構高いですが、ベホマラーなしで大丈夫なんでしょうか?

いい勝負になることを願います。

 

 

■エスターク戦

残しておいた復活の玉を回収してエスタークの元へ。

エスターク前まで来たら最終確認。

 

主人公:奇跡の剣、命のリング、エルフの飲み薬×2

    戦いのドラム、ベホマ、(スカラ?)、攻撃。初手は天空の剣。

ケンタス:世界樹の葉、復活の杖、エルフの飲み薬×2

     フバーハ、ベホマ、攻撃。

女の子:山彦の帽子、妖精の剣、祝福の杖、復活の玉、エルフの飲み薬×2

    初手は妖精の剣。基本は山彦ラリホー。敵が眠っていたら山彦イオナズン等。

シーザー:星降る腕輪、賢者の石、妖精の剣、世界樹の雫、世界樹の葉、復活の玉

     基本的に賢者の石。

ギーガ:魔神の鎧、世界樹の葉

    後攻蘇生。

スラリン:時の砂役として待機

 

 

ケンタスのフバーハと、女の子の山彦ラリホーが鍵です。

……また睡眠戦法かって? いえいえ、山彦ラリホーマと山彦ラリホーじゃ全然違うんです。

山彦ラリホーマは大体決まるだろうという感じで使っていけますが、山彦ラリホーは(通常のレベルでは)運が良くないと決まらない感じ。

頼りにできるかどうかに大きな違いがあり、他キャラに要求される水準も違ってきます。

 

 

という感じで、いざ勝負!

 

 

1ターン目

 主人公 HP345/345 天空の剣

 ケンタス HP389/389 フバーハ

 女の子 HP303/303 妖精の剣

 (↑行動順ではなく隊列です)

 敵 イオナズン、メラゾーマ>ケンタス

 (イオナズンの被ダメが70~80くらい。メラゾーマはケンタスに100ちょっと)

 

2ターン目

 主人公 HP281/345 戦いのドラム

 シーザー HP300/300 賢者の石

 女の子 HP231/303 山彦ラリホー(失敗)

 (主人公は命のリングで毎ターン10回復してます)

 敵 輝く息、打撃>シーザー

 (フバーハのおかげで輝く息はデレ行動。賢者の石で間に合う程度の被ダメです)

 

3ターン目

 主人公 HP305/345 ベホマ>シーザー

 シーザー HP149/300 妖精の剣

 女の子 HP238/303 山彦ラリホー(失敗)

 (女の子は初手で妖精の剣を使って固めたので、このHPでも放置できます)

 敵 打撃>女の子、凍てつく波動

 (凍てつく波動で補助が全て消されてしまいました。面倒です)

 

4ターン目

 主人公 HP315/345 戦いのドラム

 ケンタス HP258/389 フバーハ

 シーザー HP300/300 賢者の石

 (女の子にフバーハがかからなかったので注意)

 敵 輝く息、打撃>ケンタス

 

5ターン目

 ケンタス HP100/389 攻撃310

 主人公 HP322/345 ベホマ>ケンタス

 女の子 HP216/303 祝福の杖>自分

 (やっと一撃当てられた……。

  エスタークのHPは9000なので、このペースだと150ターンかかります。

  妖精の剣を使いながらだとキリがなさそうと思ってこの辺りから方針変更)

 敵 イオナズン、凍てつく波動

 

6ターン目

 ケンタス HP308/389 フバーハ

 シーザー HP300/300 賢者の石

 女の子 HP226/303 山彦ラリホー(成功)

 (主人公にフバーハがかからなかったので注意)

 敵 眠り、起き

 

7ターン目

 ケンタス HP363/389 攻撃330台

 主人公 HP302/345 戦いのドラム

 女の子 HP285/303 山彦ラリホー(成功)

 敵 眠り、起き

 

8ターン目

 ケンタス HP363/389 攻撃334

 主人公 HP312/345 攻撃186&1/4回復

 女の子 HP285/303 山彦ラリホー(成功)

 (山彦ラリホーが3ターン連続で成功。かなりの強運だと思います)

 敵 起き、凍てつく波動

 

9ターン目

 ケンタス HP363/389 フバーハ

 主人公 HP345/345 戦いのドラム

 女の子 HP285/303 山彦ラリホー(失敗)

 敵 輝く息、イオナズン

 (全体攻撃×2で削られました。

  フバーハありで輝く息は30台~50台なのでイオナズンの方が痛いです)

 

10ターン目

 主人公 HP236/345 攻撃187&1/4回復

 シーザー HP300/300 賢者の石

 ケンタス HP229/389 攻撃297

 (奇跡の剣と賢者の石の回復を見越して主人公はこのHPでも前に立てます

 敵 メラゾーマ>主人公、凍てつく波動

 

11ターン目

 ケンタス HP281/389 フバーハ

 シーザー HP300/300 賢者の石

 女の子 HP217/303 山彦ラリホー(失敗)

 敵 イオナズン、打撃>ケンタス

 

12ターン目

 ケンタス HP94/389 ベホマ>自分

 主人公 HP315/345 ベホマ>女の子

 女の子 HP194/303 山彦ラリホー(成功)

 敵 眠り、眠り

 

13ターン目

 ケンタス HP389/389 攻撃135

 主人公 HP325/345 戦いのドラム

 シーザー HP236/300 賢者の石

 敵 起き、輝く息

 (主人公にフバーハがかかってなくて輝く息で被ダメ72。

  専用装備のおかげでそんなに痛くないですね)

 

14ターン目

 ケンタス HP336/389 攻撃328

 主人公 HP283/345 攻撃213&1/4回復

 女の子 HP303/303 山彦ラリホー(失敗)

 敵 凍てつく波動、打撃>女の子

 

15ターン目

 主人公 HP345/345 ベホマ>女の子

 ケンタス HP336/389 フバーハ

 女の子 HP160/303 山彦ラリホー(成功)

 敵 眠り、眠り

 

16ターン目

 主人公 HP345/345 戦いのドラム

 ケンタス HP336/389 攻撃130

 女の子 HP303/303 山彦イオナズン132+138

 (ケンタスがドラム前に攻撃しがちでよろしくないです。

  本当は星降る腕輪をドラム役に持たせたいですが、シーザーの素早さを補うのに使っているので仕方ありません)

 敵 起き、輝く息

 

17ターン目

 ケンタス HP282/389 攻撃355

 女の子 HP256/303 山彦ラリホー(失敗)

 シーザー HP300/300 賢者の石

 (ようやく敵HPを1/3くらい削りました

 敵 打撃>女の子、輝く息

 

18ターン目

 主人公 HP345/345 ベホマ>女の子

 女の子 HP128/303 山彦ラリホー(失敗)

 ケンタス HP283/389 会心498

 敵 打撃>ケンタス、輝く息

 

19ターン目

 主人公 HP320/345 ベホマ>ケンタス

 ケンタス HP96/389 攻撃288

 女の子 HP263/303 山彦ラリホー(成功)

 敵 起き、メラゾーマ>ケンタス

 

20ターン目

 主人公 HP330/345 攻撃202&1/4回復

 ケンタス HP291/389 攻撃318

 女の子 HP263/303 山彦ラリホー(成功)

 敵 起き、灼熱の炎

 (灼熱はフバーハありで54~70でした。結構痛いですね。

  今作では輝く息よりも灼熱の炎の方が威力が高いです)

 

21ターン目

 シーザー HP299/300 賢者の石

 ケンタス HP221/389 攻撃341

 女の子 HP210/303 山彦ラリホー(失敗)

 (敵HPが残り半分を切ったはず。だいぶ加速してます)

 敵 打撃>シーザー、イオナズン

 

22ターン目

 主人公 HP345/345 ベホマ>シーザー

 シーザー HP76/300 賢者の石

 女の子 HP194/303 山彦ラリホー(失敗)

 敵 イオナズン、灼熱の炎

 (このコンボが一番痛いでしょうか。シーザーにブレスが効かないのが救いです)

 

23ターン目

 ケンタス HP249/389 ベホマ>女の子

 シーザー HP240/300 賢者の石

 女の子 HP129/303 山彦ラリホー(成功)

 (賢者の石は馬車まで届くので、主人公を引っ込めて回復させています)

 敵 眠り、起き

 

24ターン目

 主人公 HP275/345 攻撃228&1/4回復

 ケンタス HP305/389 攻撃328

 女の子 HP303/303 山彦ラリホー(成功)

 敵 眠り、眠り

 

25ターン目

 主人公 HP342/345 攻撃213&1/4回復

 ケンタス HP305/389 攻撃283

 女の子 HP303/303 山彦イオナズン143+152

 敵 起き、メラゾーマ>ケンタス

 

26ターン目

 主人公 HP345/345 ベホマ>ケンタス

 ケンタス HP198/398 攻撃283

 女の子 HP303/303 山彦ラリホー(成功)

 敵 起き、凍てつく波動

 

27ターン目

 主人公 HP345/345 戦いのドラム

 ケンタス HP389/389 フバーハ

 女の子 HP303/303 山彦ラリホー(失敗)

 敵 凍てつく波動、打撃>女の子

 

28ターン目

 主人公 HP345/345 ベホマ>女の子

 ケンタス HP389/389 フバーハ

 女の子 HP156/303 山彦ラリホー(失敗)

 敵 凍てつく波動、イオナズン

 

29ターン目

 ケンタス HP302/389 フバーハ

 シーザー HP290/300 賢者の石

 女の子 HP221/303 山彦ラリホー(失敗)

  敵 灼熱の炎、打撃>ケンタス

 

30ターン目

 ケンタス HP140/389 ベホマ>自分

 シーザー HP300/300 賢者の石

 女の子 HP229/303 山彦ラリホー(失敗)

(ここに来て山彦ラリホーが全然決まりません。あと3割が遠い……)

 敵 輝く息、凍てつく波動

 

31ターン目

 ケンタス HP339/389 フバーハ

 シーザー HP300/300 賢者の石

 女の子 HP238/303 山彦ラリホー(成功)

 敵 眠り、起き

 

32ターン目

 主人公 HP345/345 戦いのドラム

 ケンタス HP389/389 攻撃117

 女の子 HP296/303 山彦ラリホー(成功)

 敵 眠り、眠り

 (チャンス到来!)

 

33ターン目

 主人公 HP345/345 攻撃216

 ケンタス HP389/389 攻撃310台

 女の子 HP296/303 山彦イオナズン131+136

 敵 起き、灼熱の炎

 (主人公にフバーハがかかってなかったので100くらい食らいました)

 

34ターン目

 ケンタス HP314/389 攻撃337

 シーザー HP300/300 賢者の石

 女の子 HP246/303 山彦ラリホー(失敗)

 敵 打撃>ケンタス、打撃>ケンタス

 (ついに来ました、恐怖の打撃2連。しかも同一ターゲット。

  ケンタスが270くらい削られましたが、無事に耐えてくれました)

 

35ターン目

 ケンタス HP93/389 会心529

 主人公 HP305/345 ベホマ>ケンタス

 女の子 HP300/303 山彦ラリホー(失敗)

 敵 灼熱の炎、輝く息

 

敵HPは残り僅か。

復活の玉や世界樹の雫もまだあるので、ラリホーを使わずにイオナズンでスパートをかけます。

押し切れ……っ!!

 

36ターン目

 ケンタス HP265/389 攻撃341

 シーザー HP300/300 賢者の石

 女の子 HP210/303 山彦イオナズン140+124

 敵 イオナズン、打撃>ケンタス

 

37ターン目

 ケンタス HP100/378 攻撃311

 シーザー HP231/300 世界樹の雫

 女の子 HP178/303 山彦イオナズン

 

切り札の世界樹の雫で全回復。

そしてケンタスの攻撃で撃破!!

 

無事に勝利できました。

 

最初は慎重に戦っていてなかなか攻撃できませんでしたが、守備力を上げながら戦うのを早い段階で諦めて、打撃2連でやられないことを祈りながらどんどん攻めたのが功を奏したと思います。

 

山彦ラリホーが今回成功したのは12/27だったようです。

3連続で成功したり4連続で失敗したりとなかなかの運ゲーでした。

山彦ラリホーマと比べるとかなり失敗が多いですが、決まれば楽になるので、使わないよりは勝ちやすいんじゃないかなと思います。

 

 

■3週目あとがき

ドラゴンクエストV(SFC) ルーレットで使用キャラを決めてプレイ 3週目はこれにて終了です。

 

今回のエスターク戦は4キャラで支え合っての勝利といった感じでした。

MVPは……うーん、悩ましいですが、ケンタスですかね。

ケンタスは前編ではあまり出番がありませんでしたが、エスターク戦では要となるフバーハを使いつつ、吹雪の剣とベホマで攻防ともに活躍してくれました。

 

主人公もプレイ全体を通して活躍して、最も危険な状況だったヘルバトラー戦で窮地を救ったりもしたのでMVPをあげてもいいくらいでしたが、エスターク戦で奇跡の剣を使わせたせいで火力がちょっと地味だったので一歩及ばず。

 

女の子の山彦ラリホーも重要でしたし、山彦イオナズンは通常狩りでも役に立ってくれて貢献度が高かったです。

 

他にも、前編ではスラリンも多彩な呪文で活躍してくれたのが印象的でした。

今作のスラリンはいいキャラしてますね。

 

 

最終経験値は主人公がトップで124万。

最終レベルも主人公がトップでLv46でした。

魔界でそこそこ狩りましたが、隠しダンジョンのエリアレベル(Lv48~50)になる少し手前で終わりました

 

まだまだエスターク戦の適正ラインの見極めが下手で、ちょっと鍛えすぎてしまっている感があります。

隠しダンジョンが結構長いのであまり勝率の低い戦いをしたくないというのもあるんですが、より白熱した戦いができるよう善処したいです。

 

 

//

今回はここまで。

1~3週目は幸いにも戦法がかぶらずにエスタークまでやれました。

今後は普通にルーレットでキャラを決めると戦法がかぶる可能性が高そうなので、何か工夫したいと思います。

 

 


このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。

© 1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

(ドラゴンクエスト5の画像投稿に関するガイドラインに従ってこのように記載しています)

この記事を共有する

関連記事