レトロゲーム(主にSFC)と、パソコンのフリーゲーム(ふりーむ!、フリーゲーム夢現など)をプレイします。RPGが好きです。

ドラゴンクエストV(SFC) ルーレットで使用キャラを決めてプレイ 5週目-前編

スーパーファミコン版ドラクエ5を、ルーレットで使用キャラを決めてプレイします。

5週目は強烈な裏技「ひとしこのみ」を解禁。

メンバーはちょっと心細いですが、会心の一撃ラッシュでゴリ押しできるでしょうか?

 

 

■ルーレット結果(5週目)

さて、使用キャラを決めるルーレットを回していきましょう。

以前MVPを取ったキャラはルーレットから外しています。

(ホイミスライム、踊る宝石、ケンタラウス、キメラ、メッサーラが外されています)

 

それでは、ルーレット、ドン!!

 

・・・・・・

 

 

……

 

 

ドラゴンマッド

アンクルホーン

ドラキー

ビックアイ

魔法使い

ミニデーモン

クックルー

(名前の下の数字は起き上がる確率です)

 

……うーん。1~4週目と比べるとかなり弱いですね。

エスタークまでやれるかどうか考えてみましょう。

 

回復役はガンドフ(ビックアイ)のみ。

ビックアイはLv20でカンストして、HP200、MP55くらいで成長が止まります。

属性耐性はそこそこですが、木の実で補強してもHPが結構厳しいですね。

ベホマ役が1キャラだけで他に回復呪文なしというのも心細いですし、エスターク戦はよほど高確率で眠らせない限りは話にならないように思えます。

 

……が、今作は主人公のレベルがエリアレベルより10以上高いと耐性貫通という現象が発生して、味方全員のラリホー等の成功率がかなり上昇します。

今回はラリホーや甘い息を使えるキャラが多いので、耐性貫通レベルまで育てて眠りの成功率を上げれば希望はあるかもしれません。

 

ただ、今作は2回行動の敵を眠らせても覚醒直後に攻撃してくる場合があるので、毎ターン眠らせれば攻撃を食らわないというわけではありません。

灼熱の炎とかを一発食らうだけでもこのパーティーは立て直しに時間がかかるわけで、果たして勝負になるかどうか……、

 

……分かりません\(^o^)/

分からないならやってみましょうか。

長期戦は運ゲーになる予感がするので、今回はひとしこのみを解禁して会心の一撃を連発できる状態で勝負します。

 

 

5週目のルールは

・ドラキーとクックルーを仲間にして縛り開始

・主人公は装備禁止&参戦禁止(移動中の呪文の使用は可)

・裏ボス撃破に挑んでみる

・カジノは保留

・裏技はボロンゴ技(及びその派生)以外制限なし

でいきます。

 

 

■5週目準備

青年期が始まってアルカパ方面に行けばドラキー、神の塔方面に行けばクックルーが仲間にできます。

クックルーを仲間にした方が戦力的に心強いですが、今回は諸事情でドラキーを先に仲間にします。

 

ドラキーの1匹目が起き上がる確率はSFC版では1/16なんですが、なんと一発で起き上がりました。

よろしくね、ドラきち

 

さて、次はクックルーを仲間にしたら縛り開始としているんですが、今の内にやることがあります。

それは2匹目のドラキーの勧誘です。

ドラキーはルーレットで1匹しか当たっていませんが、縛り開始前なので他のキャラも使うことができます。

他に仲間になったニトロも使いつつ、2匹目のドラキー(1/64)が起き上がるまでひたすら狩ります。

 

2匹目のドラキーを仲間にしたらバグレベルアップの準備完了。

モンスター爺さんのところへ行き、ドラきちを一旦預けます。

 

そしてすぐにドラきちを再び仲間にして、外に出て1戦するとレベルアップ……しませんでした。

一旦預ける時に馬車に居ないと駄目なようです。

ドラキーが馬車に2匹いる状態で、ドラきちを一旦預けてすぐに仲間にして外に出て1戦。

今度はバグレベルアップが成功しました。

 

この作業で1レベル上がるので、これをレベル上限まで繰り返せばレベルカンストキャラが作れます。

 

この裏技で獲得経験値が少ないままレベルを上げていくと、裏技なしで普通にレベルが上がるまでに必要な経験値量はどんどん加算されていきます。

そうなると普通に狩ってもまずレベルが上がらない状態になるので、この裏技でレベルカンストまで上げておきました。

 

……ふぅ。

これはこれで割と大変な作業でしたが、こうしてドラきちがLv99になりました。

 

ドラキーはLv99まで上がるキャラの中ではイマイチな部類なので、わざわざ育てるのはオススメしませんが……それでもLv99はさすがに強いですね。

ここまで育てたんだからMVPを取るくらいの活躍を見せて欲しいところですが、どうなることやら。

 

クックルーが出現するエリアで狩り、ドラきちが先制ブーメランでひたすら無双してサクサク殲滅。

クックルがあっさり仲間になりました。

 

異様に強いドラきちと、後ろで大人しく様子を伺うクックル。

クックルはこの辺りではかなり強いキャラなんですけどね……。

 

さて、今回はここから縛り開始。

ルーレットで当たったキャラ以外は装備禁止でなるべく参戦させずに進めていきます。

移動中は主人公に回復呪文をかけてもらうことができますが、当分必要なさそうです。

 

 

■5週目開始

神の塔はクックルに薬草を1つ使っただけで攻略。

偽太后はラーの鏡を使う前にキメラの翼を使って城外で戦闘しました。

 

ドラきちがゴリゴリ削ってあっさり勝利。

クックルもルカナンでボスの守備力を下げてちょっとだけサポートしました。

 

 

サンタローズの洞窟ではメタルスライムが出たらクックルが毒針に持ち替えて攻撃。

メタルスライムの逃走直後に毒針の攻撃先がバグって画面がグチャグチャになりました。

 

画面を切り替えるまで見た目が軽くバグっていて、なんかクックルがヤバいことをしたみたいな気まずい空気が流れました笑

 

ポートセルミに着いて普通に進んでいると魔法使いが起き上がりました。

 

あ、そういえば魔法使いもルーレットで当たってましたね。

いらっしゃいマーリン

まだ戦闘メンバー足りてないので一応参戦……いや、まともな防具がないですね。

馬車に居てもらいましょう。

 

魔法使いは山彦の帽子が装備できますが、メラゾーマもイオナズンも使えず、ラリホー系も使えません。

スカラ系もルカニ系もバイキルトも使えないし毒針も装備できません。

レベル99まで育つキャラではあるものの、攻撃力はあまり伸びません。

せっかく1匹目は高確率で起き上がるので、何か利点が欲しかったですね……。

 

(その後の調査で、魔法使いは実はすごいことができる可能性が浮上しました。

 5週目の時点ではそれを知らないのでマーリンの扱いが酷いです

 

 

//

ルラムーン草を取りに行く時にリビングデッドが世界樹の葉をドロップ。

リビングデッドって腐った死体みたいなゾンビ系のキャラですが、そんなもん持ってるんですか。

カジノを解禁しない限りはそこそこ貴重なのでありがたいです。

 

ラインハットにルーラで飛んでヘンリーと会話してフラグを立てて、先にサラボナでマーリンの装備を購入。

マーリンにも一応参戦してもらい、魔物のすみかの宝を回収しつつ狩っているとビックアイが起き上がりました。

 

やあガンドフ。よろしく頼むよ。

早速マーリンの武器と服を剥いでガンドフに渡し、盾と兜は主人公のお下がりを渡してやると、Lv1にも関わらず攻守共に107となかなかの値に。

ガンドフがマーリンを押しのけてスタメン入りしました。

 

マーリンの出番、短かったなぁ……。

マーリンのフィールド上のスクショ撮ってないですが、お爺ちゃんなのでまあいいでしょう。

 

AI任せで戦っていると稀にドラきちが攻撃せずに眩しい光を使ってしまうことがあるんですが、基本的にはサクサク狩れてます。

死の火山も難なく進み、ボスの溶岩原人×3はドラきち単騎で対処。

 

刃のブーメランでガシガシ全体攻撃。

ドラきちは属性耐性が全然ないので火炎のダメージをモロに食らうものの、HPを半分くらい残して勝利。

Lv99の実力を見せつけてくれました。

 

 

//

滝の洞窟では帰り道でへびこうもりに先制されて全員麻痺で全滅。

Lv99だろうとドラキーはドラキーなので、耐性のなさが響いてしまいました。

 

チゾットへの山道で水の羽衣を入手。

とりあえずガンドフが装備しました。

この辺りで主人公がLv25になりザオラルを習得。

 

グランバニアへの洞窟ではクックルがはぐれメタルを毒針で撃破。

クックルはLv17になりスクルトを覚えました。

 

グランバニアへの洞窟ではあのマーリンがとうとう活躍。

 

マホトラでミミックのMPを奪ってザラキを封じてくれました。

これは結構いい仕事です。

まあ通常プレイではピエールがやってくれることですけどね。

ちなみに悪魔のツボにはマホトラは効かないので要注意です。

 

 

■ひとしこのみ技

グランバニアに到着してアイテム回収。

隠し部屋の幸せの帽子もゲットしてついにひとしこのみが完成しました。

 

ひのきの棒(幼年期から持ち越し等)

とがった骨(同上)

幸せの帽子(グランバニアの隠し部屋)

棍棒(ポートセルミ)

のこぎり刀(ルラフェン等)

身かわしの服(サラボナ等、フローラ初期装備)

 

主人公に上記のアイテムをこの順番通りに並べて持たせ、他のアイテムは持たせないでおくと、SFC版特有の強烈な裏技が発動します。

上記のアイテムの頭文字を取って「ひとしこのみ」と呼ばれている裏技です。

ひのきの棒は装備しても構いませんが、主人公に他のアイテムを持たせたり装備させてはいけません。

今回のように主人公を装備禁止でプレイしていれば大した問題ではないです。

 

ひとしこのみの効果は、まず味方全員の通常攻撃が(会心判定が普通にある状態なら)必ず会心の一撃になります。

毒針・デーモンスピア・魔神の金槌・グループ攻撃や全体攻撃の武器はNG。

あと、さまよう鎧を装備していると失敗する場合があるらしいです。

それ以外なら常時会心になります。

 

更に、仲間になりうるモンスターを倒した時に(主人公のLvが足りないとか、モンスター爺さんの枠が埋まっているとか、同種3匹を既に仲間にしている等の問題がなければ)必ず仲間になるようになります。

 

というわけでドラゴンマッドが一発で起き上がりました。

名前はマッド

今回のプレイ条件と色々相性が良いキャラなので、かなり期待しています。

 

続いてミニデーモンのミニモンを勧誘。

 

今回もよろしくね、ミニモン。

 

ひとしこのみのおかげで戦闘も仲間勧誘もサクサクです。

たとえ相手がはぐれメタルであっても、常時会心の一撃なのであっさり倒せる上に一発で起き上がります。

 

バイバイ、はぐりん。

 

 

■グランバニア以降

先程のはぐれメタルを追撃して経験値をちょっと稼ぎ、主人公がLv28になってメガザル、クックルがLv20になってバイキルトを習得。

クックルは早くもレベルがカンストしました。

 

うーん……クックルはせっかく補助魔法が多彩なキャラなので、もうちょっと伸びしろがあって欲しかったなあと感じます。

素早さは現時点ではそこそこ高いのでそこいらの雑魚敵に先制できるのはいいんですが、青年期前半はあまり良い単体攻撃武器が使えなくて、会心の一撃で確実に1匹仕留められるかどうかは若干怪しいです。

新入りのマッドと交代ですかね。

 

試練の洞窟でははぐれメタルが単体で出現。

単体だと追撃はできませんが、どらキチが先制会心で倒してくれました。

ボスのカンダタは2ターンで撃破。

 

ガンドフのレベルが20でカンストしました。

手持ちの木の実を上昇値を吟味して投入し、HP200→218、MP54→69に。

 

ガンドフは装備できる武器のほとんどが複数攻撃武器で会心が出ないので、ひとしこのみの会心を利用するためには序盤で買える武器であるくさりがまが最強となります。

ちなみにミニモンも同じです。困ったヤツらですね。

攻撃力が心細いですが、ガンドフは回復役なのでダンジョンに連れて行きます。

 

 

//

デモンズタワーでは全員混乱させられて逃げたことがありましたが、それ以外は難なく攻略。

悪魔のツボやミミックも会心連打の火力でゴリ押せました。

オークLv20、キメーラLv35は2ターンで撃破。

ジャミ戦は主人公が必須なのでいつもなら主人公が死んでから戦うんですが、今回は主人公のHPを削らずにバリア状態のジャミに挑んでみました。

 

クックルを連れて来てバイキルトを使い、ドラきちがこの火力。

何ターンかかかりましたがバリアジャミを撃破できました。

 

 

■青年期後半

まずサンタローズの武器屋で買い物。

氷の刃でマッドとクックルの攻撃力が上がりました。

 

ふむ……馬車から回復できるエリアではクックルに参戦してもらいますかね。

ひとしこのみ状態は敵を一撃で倒してなんぼなので、攻撃力がある程度高いキャラをなるべく使いたいです。

 

AI任せだとマッドが火炎の息を吐いてしまったりするので、命令させろで攻撃していきます。

 

エルヘブンで知力の兜(13000G)を3つ買ってちょっと散財。

ガンドフ、マッド、ミニモンの最強装備なので仕方ないですね。

アンクルの分は後でメタルキングヘルムが手に入るので節約します。

貯金は残り6万G。今回お金大丈夫かなぁ……。

 

迷いの森に先に行き、仲間になる敵を倒したところ、ひとしこのみ状態なのに起き上がらず。

おや、レベル不足ですか。

仲間勧誘のために主人公をLv29→30にしないといけません。

グランバニアへの洞窟1Fではぐれメタルの追撃狩りですね。

 

 

はぐれメタル+他の敵がいる状態で、まず素早さ200のドラきちが先制会心ではぐれメタルを倒して、

 

同じターン内に、装備コマンドで毒針を選んだクックルがはぐれメタルを追撃。

(追撃したい敵が一番左であれば、装備コマンドからそこいらの単体攻撃武器を装備してのひとしこのみ会心でも代用できるようです

 

↑の追撃ではぐれメタルの数が内部的にバグったので、以降は普通の単体攻撃でもはぐれメタルを狙ってくれさえすれば更に追撃できるようになりました。

(但しはぐれメタルが一番左じゃない場合は他の敵を叩いてしまいます)

 

こうしてマッドがひとしこのみの必中会心で更なる追撃を決めました。

それにしてもひどい画面ですね笑

まあ戦闘画面は一瞬で治ります

 

……というわけで、はぐれメタル1匹を3回倒して経験値3万ゲット。

主人公がLv30になり、迷いの森でのモンスター勧誘に必要なレベルに達しました。

 

前編の経験値稼ぎはこんな感じでしたが、後編ではもっと遙かに大量の経験値を一気に稼ぎます。お楽しみに!

 

 

//

取り忘れていた星降る腕輪などを回収し、迷いの森の宝を回収しながらアンクルホーンを勧誘。

 

よろしくアンクル

小さなメダルで奇跡の剣と神秘の鎧をゲットして、アンクルに早速装備させました。

 

奇跡の剣で与ダメ×1/4のHP回復、ひとしこのみで常時会心、神秘の鎧で毎ターン30回復。

これは期待できそうです。

ドラきちと違って耐性面も一通り弱体性以上があり、即死/麻痺は強耐性。

Lv40止まりですがHP450・力200まで伸びるので、かなり使いやすいキャラです。

 

 

さて、これにて今回の仲間は全員揃いました。

今回は主人公をLv60まで上げてエスターク戦を耐性貫通状態にして挑むので、主人公の経験値を259万近くまで上げないといけません。

主人公の経験値は現在26万なので、233万くらい稼ぐ必要があります。

さて、どこで稼ぎましょうかね。

はぐれメタルをバグで追撃するのが早そうですが、一旦ちょっと他の方法を試してみます。

 

 

■実験 ~そこいらの敵を1戦で257回狩れるかどうか~

とりあえず迷いの森周辺で実験してみます。

出現する敵は↓の5種です。

 

 イズライール  HP135 Exp401 G110 即死に強耐性

 シルバーデビル HP140 Exp403 G100 即死に完全耐性

 ラムポーン   HP128 Exp390 G98 即死に強耐性

 ドラゴンゾンビ HP200 Exp450 G55 即死に完全耐性

 メガザルロック HP220 Exp402 G70 即死に強耐性

 

経験値はあまり差がないですね。

イズライールかラムポーンかメガザルロックは、やけつく息(即死耐性を参照するはず)が低確率で効くので無力化して放置することができそうです。

そいつらが右側に出たら麻痺させておいて、左側にAIの攻撃優先順位が高い敵がいれば追撃バグで倒し続けられるんじゃないでしょうか?

 

この辺りの敵を257回倒す(最初に倒す+追撃バグで倒して内部的に255匹にする+255回狩り尽くす)ことができれば、10万くらいの経験値と、1~2万台のお金が手に入ります。

少し時間がかかりそうですが、そこいらの敵でもできるのであればどこかで役立つかもしれないので、実験してみます

 

 

とりあえずAI任せで普通に戦って攻撃の優先順位を調査。

(この時点では必要性を感じていましたが、多分意味がないです)

 

シルバーデビル2匹、ドラゴンゾンビ

……シルバーデビル→ドラゴンゾンビ

 

メガザルロック、メガザルロック、シルバーデビル

……シルバーデビル→メガザルロック左→右

 

メガザルロック、シルバーデビル、イズライール

……シルバーデビル→メガザルロック→イズライール

 

シルバーデビル、ラムポーン

……シルバーデビル→ラムポーン

 

ラムポーン、シルバーデビル、イズライール

……シルバーデビル→イズライール→ラムポーン

 

ドラゴンゾンビ、ドラゴンゾンビ、ラムポーン

……ドラゴンゾンビ左→右→ラムポーン

とりあえず

「シルバーデビル>メガザルロック>イズライール>ラムポーン」と

「シルバーデビル>ドラゴンゾンビ>ラムポーン」

という順位でAIが攻撃しているように見えました。

単純にそういう優先順位なのか、それとも他の要素が絡むのかは自分の知識では分かりません。

あと、ひとしこのみの会心による追撃は一番左の敵を狙っている時じゃないとタゲが移るという性質があるっぽいので、狩り続けたい敵が一番左にいる必要がありそうです。

 

そして次のエンカウントがメガザルロック+イズライール×2。

AIはメガザルロックを優先的に狙いそうな編成です。

早速メガザルロックの257回狩りを狙ってみましょう。

 

ドラきち:イズライールを1匹減らす

ガンドフ:メガザルロックを少し削る

マッド:イズライールにやけつく息

 

以後は自動回復のアンクルを盾にして、マッドが引き続きイズライールにやけつく息。

イズライールにベホマラーを使われたのでガンドフで再びメガザルロックを削りました。

やけつく息を5回以上使ってようやくイズライールの動きを止めることができました。

 

次はメンバーを入れ替えて、ドラきち、クックル、マッドに。

ドラきちがメガザルロックを撃破。

続けて、毒針装備選択のクックルがメガザルロックをバグ追撃。

 

画面のバグり方が一段とひどいですね。

更にマッドもメガザルロックを追撃してくれました。

こうして、とりあえずメガザルロック1匹を3回撃破。

メガザルロックのグループは内部的にはあと254匹になりましたが、撃破済みなのでもう行動しません。

ここまではいいんですが、問題はこの後です。

 

次はブレス攻撃のないドラきち、アンクル、クックルを出して、作戦を呪文使うなに変更。

あとは内部的に数がバグったメガザルロックをしばらく倒し続けてもらうはずでした。

以後はもう命令させろではメガザルロックを狙えないので、AIが狙ってくれることを期待するしかないですが……、

 

……そっち叩くんかーい。

せっかく麻痺させたイズライールをドラきちが倒してしまって戦闘終了。

メガザルロック3回撃破とイズライール2匹分、合わせて2008Exp , 430Gをゲットしたのみで終わりました。

うーん、何がいけなかったんでしょう。

 

 

(その後の調べで、

 「撃破後に追撃済みの敵(左側)をAIで更に追撃し続けるためには、追撃役の攻撃力が低すぎて右側の敵の守備力を貫通できないとAIが判断する必要があるのでは?

 という仮説が浮上しました。

 右側がメタル系なら問題ないですが、そうでなければ攻撃力が非常に低いキャラを使う必要があるのでは?という仮説です。

 6週目で詳しく調査します

 

 

ちなみに、合体スライムを相手に追撃バグをやるとセーブデータが消える恐れがあるとの情報があります。

そこいらの敵で試す場合はご注意ください。

 

 

■その後

経験値を求めてグランバニアへの洞窟1Fへ。

はぐれメタル+そこいらの敵の組み合わせがそこそこの頻度で出現します。

 

はぐれメタルをドラきちの先制会心で確実に倒しながら、同ターン内の追撃コンボで2~3万の経験値をコツコツ稼ぎました。

ドラきち(素早さ200)の先制ひとしこのみ会心 → クックルの毒針装備追撃 → マッドのひとしこのみ会心の順に行動して、はぐれメタルが一番左なら3回撃破、そうでなければマッドが他の敵を叩いてしうので2回撃破。

ずっと安定してこのような結果でした。 

 

そうして戦っていると……、

 

おお、これはレアエンカ!!

右のはぐれメタルは左のはぐれメタルよりも標的になる優先順位が低いはずなので、右のはぐれメタルが逃げるまで左のはぐれメタルを狩り続けられるんじゃないでしょうか?

 

まず左のはぐれメタルをドラきちが会心で撃破。

右のはぐれメタルは逃げずに残ってくれました。

左のはぐれメタルに対してクックル毒針が装備で追撃でバグらせ、マッド追撃で3回目の撃破。

そして2ターン目はブレス攻撃のないメンバーを出して、

 

左のはぐれメタルはもう命令させろでは選択できないので、呪文使うなで狙ってくれることを期待します。

 

よしきた!!

左のはぐれメタル、4回目の撃破です。

しかし、その直後に右のはぐれメタルが逃げて戦闘が終了しました。

 

んー、これだと右側のはぐれメタルがすぐ逃げてしまうのが厳しいですね。

これだったら魔界ではぐれメタル+メタルスライム複数の編成を狙った方が良さそうです。

 

とりあえずこのままもう少し狩って、主人公がLv34になってこのエリアの逃走が確定。

とは言ってもまだ今後の装備代が足りないので、他の敵も普通に狩ります。

 

そしてミニモンがLv23でパルプンテを習得。

先程のようなはぐれメタル1×2とか、魔界のはぐれメタル+メタルスライム複数のエンカの時に唱えればはぐれメタルの257回狩りを狙うことができるようになりました。

 

 

しばらく狩り続けて、ミニモンがLv30でカンスト。

 

メラゾーマやイオナズンも覚えたミニモンですが、山彦の帽子は装備できませんし、ひとしこのみ状態で果たして攻撃呪文の出番はあるかどうか。

ただ今回はエスターク戦で甘い息の出番があります。

このまま水の羽衣と炎の盾を装備してエスターク戦というのはかなり怖いですが……危なっかしいところがミニモンらしいですかね。

 

ミニモンとドラきち。ちっちゃくてかわいいです。

 

 

しばらく戦って、はぐれメタル1×2の編成に遭遇したらミニモンがパルプンテ。

パルプンテで目当ての効果を引き当てられないまま、とうとう主人公がLv48に到達しました。

 

だいぶ育ちましたね。

マッドとアンクルがドラきちLv99の攻撃力を抜きました。頼もしいです。

今後の装備代も問題なくなりましたし、もう魔界のフィールドも逃走確定ですし、あとは魔界まで進めてそちらで狩るとしましょう。

 

 

前編はここまで。

後編に続きます。

 

 


このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。

© 1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

(ドラゴンクエスト5の画像投稿に関するガイドラインに従ってこのように記載しています)

この記事を共有する

関連記事