デジタルガジェットが好きな人。

The friends of Ringo Ishikawa ~その1~ 

久々のプレイログ。「Minit」はいつかやるけど、誰かしてくれてもいいのよ。

いきなり始まる電車内での乱闘。どうやらチュートリアルのようだが、操作だけでなくストーリーやキャラ設定もここで把握した方が良さげかも。

乱闘後、イケてる髪型の仲間が小指の負傷を訴える。どうやらボクシングをしているようで大会を控えているようだが…お前、なんで不良を満喫してるんだよ。

会話後に移動モードに移るとメニューを開けるので、ステを確認。どうやら、自分が操作するキャラは「石河 倫吾」らしい…イケてる髪型の兄ちゃんは「健(けん?たける?)」というようだ。


他のメニューを確認。スキルは技のようだけど、成績って何…?不安になるよ(学歴コンプレックス)。

時間が経って強制的に駅に降りると、他校の下っ端が待ち伏せ。チュートリアルは、続く。

駅での喧嘩を終え、公園へ急ぐ。移動モード時にガードボタンを押しっぱなしで歩くと「不良モード」になる。どうやら、肩で風を切るような威圧的な歩き方(移動速度ダウン)をするようだ。

ちなみに、移動モード中にキックボタンを押すと「煙草くわえ/煙草投げ」をする。ポイ捨て、ダメ!絶対!


公園について乱闘後、金髪の子が健を茶化す。会話のノリが不良のそれと違い文学的だが、仲間に対する優しさがヒネた感じで表現されていていい感じ。

金髪は「将」というようだ…どうやら他校の三年生が複数の高校を率いて因縁をつけてきたようで、二年生軍団がハクをつけるためにそれを迎え撃つお話らしい。

公園の奥に進むと、抗争の首謀者が。どうやら倫吾と健は有名人らしく、手厚く出迎えてくれる。

そうこうしている間にタイトルロゴが流れ、画面がブラックアウトしていく…抗争の行方や健の試合が気になるなぁ。 (続く)

この記事を共有する

関連記事