レトロゲーム(主にSFC)と、パソコンのフリーゲーム(ふりーむ!、フリーゲーム夢現など)をよくプレイします。RPGが好きです。

ドラゴンクエストVI(SFC) スライムのみでプレイ part.11

ドラクエ6を普通のスライムのみでプレイします。

今回はいよいよラスボス、デスタムーアに挑みます。

まだクリア後の隠しボスも残っていますが、その前にまずはクリアできるかどうか。

厳しい戦いが予想されますが、果たして結果はいかに……!?

 

ネタバレありなので、未プレイの方はご注意ください。

 

現在のメンバー

スラリン:Lv37 バト,賢者,レン,スパ★8 勇者★7 パラ★2

スラキチ:Lv37 バト,パラ,レン★8 賢者★7 スパ★6 魔戦★3

アキーラ:Lv37 バト,賢者,ドラ★8 パラ,スパ★7 魔戦★5

ルーキー:Lv32 スパ★6

 

アキーラ:ドラゴン、スラキチ:パラディン、ルーキー:戦士、スラリン:レンジャーで挑んでみます。

アキーラ以外は素早さ調整のために微妙な職業になっていますが、大丈夫なんでしょうか……?

 

 

//

ムーアの城でもレンジャー★8の逃げ率アップは大いに有効で、ボスまではあっさり辿り着けます。

  

自己紹介あざす。

 

 

いいえ、スライムです。

 

 

いや、分かってます。スライムですから。

 

 

 

まずは第一形態。

この形態だけでも既に今までのボスよりはかなり強いです。

 

とりあえずアキーラが爆裂拳で攻めます。

この形態は瞑想でしつこく回復する可能性があるので、スラリンもなるべく攻めてみます。

スラキチはラミアスの剣でアキーラの攻撃力を上げ、以後はハッスルダンスで先行回復(星降る腕輪+パラディン)

ルーキーは遅さを活かして常にハッスルダンスを使っておきます(ガラスの靴+戦士)

 

敵の初手は激しい炎で全体に120~140ダメージ。

この威力に加えて2回以上行動する可能性もあるので、今までのボスより強いのは明らかです。

敵の攻撃パターンはある程度は法則性があるので、これは馬車に避難すべきだったのかもしれません。

 

アキーラの爆裂拳は100+50×3くらいの与ダメージ。

合計250は正直イマイチですが、正拳突きが効きづらい相手にはこのくらいの火力で仕方ないでしょう。

 

スラリンの爆裂拳は15×4くらい。あらら……。

お下がりの奇跡の剣をスラリンに回したのである程度のダメージは与えられるだろうと思ったんですが、力の種なしでレンジャーの攻撃力ではイマイチでした。

かまいたちで80近く出たのでそちらの方がマシなようです。

 

敵が凍てつく波動を使った時は、無理にラミアスの剣をかけ直すよりも回復を優先します。

バイキルトもありますがMPは温存。

第一形態でMPを使うのは猛毒の霧を食らった後のキアリー。スラリンが担当します。

 

敵は基本的には1~2回行動ですが、行動パターンの変わり目で行動回数がリセットされる関係で3回行動することがあります。

少し戦って早速3回行動を引き当ててしまいましたが、凍てつく波動が含まれていたので大丈夫でした。

 

あっさり突破したものの、HPを結構削られた状態で第二形態を迎えてしまいました。

 

とりあえず落ち着いてアキーラは防御、他3匹はハッスルダンス。

無事に立て直しました。

 

第二形態はパワータイプ。

基本的には1~2回行動ですが、運が悪いと最大4回行動してきます。

スカラやバイキルトを使ったり大防御しながら攻撃してくるのも厄介で、かなり手ごわいです。

敵のスカラやバイキルトはすぐにスラリンの凍てつく波動で消しますが、バイキルト+打撃みたいな連続行動もあるのでおっかないです。

 

この形態は凍てつく波動を使ってこないので、スラリンの手が空いている時はフバーハを使ってからスクルトでじっくり守りを固めます。

スラリンは手が空いたら祈りの指輪でMP回復もするのでなかなか忙しいです。

 

敵の守備力が第一形態よりも高く、アキーラの爆裂拳は86+43×3程度まで威力ダウン。

この形態はHP3000で大防御もちらほら使うので長くなりそうです。

こちらもスラキチやスラリンだけHPが減った時は大防御で対応したりします。

 

回し蹴りで140~82という被ダメ。バイキルトなしでこれですか……。

スクルトで固めて最大50減らせますが敵も時々ルカナンを使ってきます。

 

かなり延々と戦ってようやくスラリンがかまいたちで攻撃参加。(与ダメ128)

直後にアキーラが第二形態を倒してくれました。

形態チェンジ寸前にバイキルト回し蹴りが来ましたが、前2人がかわしてくれてラッキーでした。

 

そしてとうとう最後の第三形態へ。

ここが正念場です。

 

3つの部位がそれぞれ攻撃してくるので、早く数を減らさないと非常に危険です。

左手がザオリク持ち(本体/右手のどちらに対しても使用)、右手がザオラル持ち(SFC版は本体に対してのみ使用)なので、左手→右手→本体の順に倒します。

 

左右の手は正拳突きに耐性がありません。

アキーラ砲の出番ですが撃たせてもらえるかどうか。

 

 

1ターン目からアキーラが眠らされ、スラリンが両手の攻撃を浴びて死亡という大波乱。

2ターン目はスラキチがザオリク、ルーキーがハッスルダンスをしようとしましたが今度はルーキーとスラリンが死亡。

 

本体の行動パターンを把握して対処するのをテンパっていて忘れてしまい、2ターン目の強力な全体攻撃をモロに食らったのがまずかったです。

かなり追い詰められてしまい、スラキチがメガザルの腕輪を装備しつつキアリク。

キアリクといえば麻痺の治癒ですが、ドラクエ6のキアリクは眠りを起こす効果もあります。

 

そして迎えた3ターン目は……、

 

見た目は全滅寸前ですね……。

メガザルの腕輪が発動する前に敵の攻撃に耐えた方がいいのでベホマ。先制に成功。

ちょうど全ての部位が攻撃しきったところでスラキチが死んでメガザルの腕輪が発動し、スラキチ以外の全員が復活しました。

 

 

メガザルの腕輪はカジノの景品にあるので、コインを稼ぎまくれば何度もこのように仲間を復活させることができます。

このプレイではカジノを使用していないので、メガザルの腕輪は道中で拾えた1個のみです。

 

次のターンはスラリンがHP138で寝てしまった状況。

スラキチは星降る腕輪を装備しなおしてアキーラにラミアスの剣を使い、アキーラ砲に託しました。

 

与ダメはなんと1000ダメージ越え。

しかしスラキチがやられてしまって戦況が厳しいです。

この後ハッスルダンスが入りますがスラリンも死んでしまいました。

 

もう今にも全滅しそうな状況。

ルーキーに世界樹の葉を持たせていなかったので2人がかりで蘇生することもできません。

仕方ないのでルーキーを前に出して防御させ、アキーラは時の砂を使って時間を戻します。

どこまで戻るかというと……、

 

 

第一形態からやり直しです……。

SFC版では時の砂は一度使うとなくなります。

(この戦いの後はエンディングなので、勝利した場合はアイテムを消費する前に戻ります)

 

 

再戦時は第一形態を死者が出た状態で突破。

 

若干ヤバそうな状況でしたがザオリクとハッスルダンス×2であっさり立て直し。

その後スラリンが敵のバイキルトを解除しそこねて死亡し、蘇生している内に敵がバイキルト状態なのを失念して次々と死者が出る展開に。

 

MPは祈りの指輪で回復できるものの、スラキチの祈りの指輪2つは次々と壊れてしまいました。

まあでも何だかんだでそこそこ立て直して第三形態へ。

 

 

本体の初手は強制睡眠なのでルーキーで後攻キアリクがいいのではと閃いたものの、ルーキーはキアリクを覚えていませんでした。

 

今回もアキーラが眠らされてしまい、気合ためを使ったのが無駄になりました。

いきなり正拳突きの方が良かったでしょうか?

 

そしてまた本体の行動を把握するのを忘れ、おぞましい雄たけびで全体に大ダメージ。

そこから続々と死者が出る中、メガザルやザオリクや世界樹の葉を次々と使わされ、地獄のような戦況が続きました。

これはちょっと勝負にならないと思いながら戦っていたのでスクショはありません。

ろくにバイキルトもかけられないまま正拳突きするような状態でしばらく戦い、そうこうしている内になんと左手を撃破。

 

敵の火力が減り、素早い敵がいなくなり、だいぶ戦いやすくなりました。

ここからハッスルダンスで立て直して、必殺のアキーラ砲。

ここ一番で過去最高のダメージを叩き出してくれました。

 

そして右手を倒し、いよいよデスタムーア本体との最終決戦。

 

本体のHPは2500。

両手がなくなったので基本的にはそう強くないのですが、HP1000未満になるとBローテに移行した時に究極魔法マダンテを放ってくる可能性があり、そこが最後の勝負どころです。

 

本体には正拳突きが効かないのでスラリン達が一気に大ダメージを与えることはできず、アキーラの爆裂拳とスラリン・スラキチの火柱をメインに削ります。

ルーキーはひたすらハッスルダンスで支え、スラキチやスラリンもHP状況を見てハッスルダンスを手伝います。

 

最終局面なのでダメージ計算を頑張ってみます。

 

1ターン目:爆裂拳で80+37+37+40。累計194。

敵はメラゾーマ。

 

2ターン目:火柱で170、爆裂拳で40+40+39+40。累計523。

敵は凍てつく波動。

 

3ターン目:火柱で183、ラミアスの剣をかけ直した爆裂拳で78+36+37+40。累計897。

敵は凍える吹雪。AローテはここまでなのでBローテに移行するかどうか。

 

4ターン目:火柱で170。累計1067。

敵はあやしい瞳(強制睡眠)>アキーラ。再びAローテでした。

 

5ターン目:強烈な全体攻撃、おぞましい雄たけびが来るターン。

今更ながら皆を馬車に避難させてスラキチ単体で大防御してみたものの被ダメ124。

もう両手がないので攻めた方が良かったですね。

 

6ターン目:回復とキアリク(眠り起こし)

敵はメラゾーマ。

 

7ターン目:火柱で182、爆裂拳で39+39+37+39。累計1403。

敵は凍てつく波動。

敵HPは残り1000ちょっとです。

 

8ターン目:火柱で172、ギガスラッシュで248、爆裂拳39+38+40+39。累計1979。

マダンテが来る前に倒そうとして、最後の切り札であるスラリンのギガスラッシュで攻めてみました。

与ダメ400くらい出る特技なんですがデイン属性とのことで、敵の耐性で軽減されてしまいました。

敵は凍える吹雪。

 

 

ここで敵がBローテに移行。残りHP1000未満なのでマダンテを使う可能性があります。

スラリン達がマダンテに耐えるかどうかは分かりません。

4匹とも最大HPがあまり高くないので一撃で壊滅する恐れがあります。最後の関門です。

 

9ターン目:火柱で186、爆裂拳で39+38+41+41。累計2324

敵HPは残り僅かです。

敵はイオナズン。助かりました。

 

そして10ターン目に、

 

 

スラリンが渾身のギガスラッシュで決めてくれました!!

 

まさか一発勝利できるとは……。

拙い指示で半壊しても踏みとどまって戦い抜いてくれたスラリン達を心の底から褒めてやりたいです。

 

 

//

自分のプレイヤースキルではデスタムーアの複雑かつ凶悪な攻撃にまともに対処できませんでしたが、それでも適正レベルよりはそこそこ低いレベルで尚且つスライムだけで何とか攻略できました。

プレイを通して手間はそれなりにかけているのでスマートとは無縁な進め方でしたが、最終的に身の丈に合った戦力で攻略できたと思うので、自分のプレイログとしては精一杯の出来だろうと思っています。

 


2021年3月19日にドラゴンクエストの動画・生配信・画像投稿に関するガイドラインが改定され、古い作品に関してはエンディングも含めた画像などの公開が正式に許可されました。

せっかくなのでエンディングの様子もある程度載せます。

肝心な部分は一応伏せます。

未プレイの方は是非ともご自身の目でエンディングを確かめてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~以下、エンディングです~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界を救い、王から褒め称えられる主人公達。そこにスライムの姿はありません。

 

これで平和な世界が続くかと思いきや、

 

お別れ……?

何やら雲行きが怪しいですね。

 

 

 

 

夢の世界やその住人の姿が見えなくなる……?

 

 

 

 

えぇ……忘れません。

ところでスラリン達は……?

 

 

・・・・・・!!

 

まさかスラリン達も……?

 

 

呆然としたまま夢の世界の各地を巡っていると、

 

 

ランド君、女の子の家の前でじっとしてるのはどうかと思うよ……。

 

 

これ以上は伏せておきます。

ドラクエ6のエンディングはなかなか衝撃的な展開があるので、是非とも実際にプレイしてみて欲しいです。

 

 

 

今回はここまで。

次回はいよいよ最終回。クリア後の隠しダンジョンに挑みます。

 


このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。

© 1995 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/HEART BEAT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

(ドラゴンクエスト6の画像投稿に関するガイドラインに従ってこのように記載しています)

この記事を共有する

関連記事