デジタルガジェットが好きな人。

HER STORY ページ6

「プレゼント」

4件ヒット。

C132(続々々)…その日はハナの誕生日。家で食事をする予定だったが、プレゼントが気に入らなかった様子。憮然(誤用)とした表情がムカつく。


C144…その日の事を朝から語る。

・サイモンが作ってくれた朝食(エッグベネディクト)を食べ、二人とも出勤。

職場ではケーキが出て、子供達がを歌ってくれた。

・家に帰ると、サイモンお手製の料理とプレゼント。その後、赤ちゃんの話になり口論に。

・先にサイモンが出ていき、その後ハナも出ていく。

目の前の女の性格が悪いからか、今の時点でのサイモンは良い人に思える…


C161…8年前に「自分へのプレゼント」として何かしたようだ。「妊娠しててもコーヒーがやめられない。一日一杯くらいならいいかな?」との事。知らんがな。あと、ここのスクショを撮るのに苦労した。


C187…「彼女はウイッグを着て、サイモンを待っていた。」

・サイモン、イヴに化けたハナに「一緒になりたい」と言ってプレゼントを渡す。

・よりによって、ハナに渡した物と同じどころか装飾まで同じ鏡を渡す。

・我を失ったハナは鏡を割り、言い争いに→サイモンが手を出す。

・ハナは威嚇のつもりで鏡の破片を掴み薙ぎ払うと、サイモンの喉が切り裂かれた。

※VTR後、優しくも哀しいメロディーの専用BGMがかかる。


「物語」

4件ヒット。

C143(続々)…「ええ、物語のように始まり終わりがある。」

C184(続々)…「屋根裏に大きな人形の家があり、二人で何時間も人形遊びをしていた。よく物語の設定を考えたりした。」との事。

C185(続)…二人は「ダークで、風変わりで、暴力的でリアルなおとぎ話」に夢中だったようだ。なんかわかるぅー!こいつら、そんなの好きそう!


C185(続々)…「王子王女は必ず出てくる。物語に重要な人物だから…私達もそんな気分だった。私達は謎めいた双子で、物語の主人公。

※その後は故ダイアナ妃への屈折した想いを大いに語っているが、陶酔っぷりがなんかアレなんで割愛。




データベースはまだこれだけしか集まってないけど、サイモン失踪・殺人事件の大まかな所は解明したと思う。多分、これから集めるデータは双子の生い立ち等に迫ってるんだろうな…と。

このまま続けてもよし、ここでこのプレイログを終わらせてプレイだけ続けるもよし…みたいなキリのいい回になっちゃったな(苦笑)

この記事を共有する

関連記事