ウイークエンドゲーマーおじさんです。

Organ Trail Complete Edition ~第六話~

シカゴへ向かおうとした途端に、バイクギャングに襲われる。何が始まるんです?

ぎゃあ!!ギャングは車に横付けしてから発砲する事で車の体力を減らしにかかってくるので、とにかくバイクにぶつかって撃退しよう…ぶつかるのは体力減らないんだよなぁ(呆れ)

難なく撃退。雪もやみ、幸先よく出発。

ゴミ箱から車のアップグレードパーツを発見?確認してみると…

V6エンジン!?誰がこんなの捨てたんだよ!!!!…ともあれ、移動のペースが速くなるのでこういうイベントはウエルカムよ。

大した事は起こらずグイグイと進むが、シカゴ到着直前でさとうさんが赤痢に。そのままシカゴへ強行突入。

まずは下見。物資も物価も大した事はないが、車のアップグレードパーツは魅力的。

さとうさんの快復といつもの作業を済ませる。今回はトレードと探索の引きが非常に良かったので物資がいい感じに増えてきた。

お金がだいぶ余ったのは嬉しいが、スクラップが少ないのが気になるところ。

ホクホク顔でシカゴを経つ事に。次のランドマークは「避難地区への近道だけど、バリバリ汚染地域を通る事になる教会」か「汚染地域を迂回するが、避難地区へは遠回りになるリモートシャック(掘っ立て小屋)」の分岐になる。

ハイリスクと安定、どちらを選ぼうか… (続く)

この記事を共有する

関連記事

コメント

  1. みみお

    このゲーム、オリジナルは1971年なんですね。ウルティマ1発売の10年前…!

  2. ブタロー

    オリジナル…というか、元ネタのオレゴントレイルですね。
    本当に1971年発表発売だったのかはわからないですが、ミニゲームを除いた道中と街パート繰り返す内容なのかな…?と思ってます。